タグ:音楽 ( 7 ) タグの人気記事

TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-2013.07.20

山形市のムービーオンまでライブシネマ観に行って来ました。
家族に娘ちゃんを託し、いざ山形へ。
ドライビングミュージックは[TIME CAPSULE all the singles ]にしました。

開演15分前に入場。
指定席は劇場中段で大変見やすい良席でした。
通路を挟んでお隣には50~60代のご夫婦。
旦那さんは会社の部長さんですか、というような眼鏡紳士。
意外!と思ったけどTMの3人が55歳くらいなんで同世代のファンと思えばおかしくないのか。
あの三人が若過ぎる。

開演時間が迫り、最終的には30人くらいの観客。
一人で来ている方も多かったです。


ほぼ時間通りに埼玉の会場がスクリーンに映し出されました。
わあ!なにこのセット!
一目見ただけでただのロックライブと違うっぽい、とわかる作り。
木が…木が生い茂ってます。

「この演劇セットぽい感じ…。今回はCAROLぽいやつなのかも…」などと想像しているうちに、照明が落ち、音が鳴りはじめました。


セットを見た第一印象通り、通常のいわゆるコンサートとは違いました。
CAROLぽい(と一概に言ってしまうと語弊もあるかもしれませんが)壮大なコンセプト、ストーリーがあってそれに沿って芝居、ミュージカルみたいな要素を含みつつ進行します。
CAROLの時は小説も発表されていたので、ストーリーがなんとなく見えていたと思うのですが、今回ははっきり言って???と思うところ多数。

最終的にツアーパンフを終演後に読むことでいろいろ補完されるみたいだったのですが、パンフ手に入らなかったので今もなお???があるんですけど、あちこちのレポートなどよんでほほう!と思っているところです。(でもまだよくわかんないとこもある)

ちなみにパンフは映画館でも売っていたんですが売切れてました。
埼玉限定だと思っていたCDも売っていてこちらはゲット!
CDは1000円で内容は
1:green days 2013
2:I am 2013
3:I am tk EDM mix
4:green days 2013instl
の4曲。
green daysは2004年に歌われたのをYou Tubeで聴いていて、そんなに好みの曲じゃないなと思ってたんですけどアレンジ変わって好きな感じでした。
さらにI amのアレンジがすごく良くて、せっかく限定の買えるし買っとくか、という気持ちで購入したからすごく得した気分になりました。買えて良かった!!


話しを戻します。
当日はさっぱり前情報なかったので、冒頭からの外国人俳優と木根さんの小芝居に見つめる全FANKSが( ゜Д゜)という顔して地蔵になっていました。

往年のFANKSには「このじらされ感!これこそがTM!」という期待に震えていた人もいるかもしれません。笑
そして期待を裏切らない中盤のCAROLな時間!
ぽいとかじゃなくCAROLですもん。tk-trapのCAROLがまさかのここで!
見ず知らずの外人さんたちが声高らかに繰り広げる数分間!
ウツ歌わないんですか!ってか木根さんもいないじゃないですか!
再び全FANKSが( ゜Д゜)ポカーン。

あと、ギターでおなじみの葛Gこと葛城哲哉さんが登場したのも驚き。
今回はサポートしないという事前情報だったので登場した時には埼玉の会場では歓声が、映画館もざわめきました。

シネマライブって動いたりするのか、じっと静かに観るのか、初めてだったので様子をうかがっていたんですけど、みんな静かに鑑賞するんですね。
時々若い女性グループがキャッキャッしてましたが、概ね静かでした。葛G登場時と埼玉の会場でウツに熱い声援を送り続ける男性の声が良く通った瞬間、温かい笑いに包まれた時くらい。
ちなみに「ウツー!ウツー!」「おかえりぃー!」って言ってました。よく通る声!笑

私はノリのいい曲の時に体揺すってたんですけど、そんな感じの人も数人でした。
本来なら現場で跳ねたり手を振ったり、「てっちゃぁぁぁぁん!」とか言いたいところですけど、今回はストーリー仕立ての所が随所にあって、むしろ映画館で座って、表情まで見らえて良かったかもしれないです。

しかし、アップも捉える大画面は時に残酷なもので、ウツの痩せた感じ、顔とか首のしわとかもはっきり見えてしまって、出てきた時は「うわ!痩せてる!」ってちょっとショックでした。
歌いだすと見た目より声は力強くてホッとしました。でも腹筋がまだ万全ではないんでしょうか、低音がちょっと切なそうでした。
病み上がり感は隠せないものの、時折見せる茶目っ気たっぷりのしぐさは変わりなく、20歳も年下の私ですら「か、かわいい…!」とハート打ち抜かれそうなキュートさ。
なんなの、このおじさん!こんなに愛くるしい仕草をする55歳見たことない!


ウツの負担軽減のためかもともとのプログラムなのかはわかりませんが、木根さんはギター、コーラスさらに演技、ハープと役割いっぱい、小室先生は冒頭からラストまで出ずっぱりでした。
小室先生はシンセブースに入って行ってからというもの、完全に音響職人。
客席みてニコとか一切しないこの感じ!久しぶり!


全体を通して、ウツの体調を考慮して歌唱自体を無くしたり、ショートバージョンになってたり、いろいろと構成しなおしたであろうと想像される部分が多くあり、万全であったらここも歌ったのかな?と想像すると少し残念な気もしましたが、その分存分にTKのニューアレンジの演奏が多かったので私は良かったです。

MCもアンコールもなし。
初期TMNetworkではしばらくこのスタイルでした。
私は当時小~中学生なので実際のライブには行ったことないのですが、好きであれこれ調べていたら当然そういうスタイルだったということは知っています。

公演の最後にはライブシネマも含め「ショー」であったことを意識してかエンドロールが流れ、そして[This is TMNETWORK]の文字。

当時からのFANKSはもちろん、私のように後学でそれを知っているFANKSたちは This is TMNETWORK をにやにやしながら見つめ文句言わずに席を立ったんでしょうね。

ツイッターで『アンコールを要求しない、よく訓練されたTMのFANKS』という内容の投稿を目にしたのですが、まさに!と思いました。

This is TMNETWORK、最後のこの一言ですべて。


小さい子持ちではこんな機会は非常に貴重ですし、演者の方も病気したり、年齢も重ねて来ていて、これから何回ライブが観れるのか(演れるのか)っていう現実的な問題があるので今回シネマとはいえ観れてホントに良かった。

送り出してくれた家族に感謝です。
ダンナさまへ。また行きたいです。



セットリスト
・Opening
木根さんと外人の小芝居にとまどいの気持ちを隠せません。

・Children of the New Century
聴き覚えのあるフレーズに、おお!きたきた!と観客の顔にも生気が戻ります。

・IGNITION, SEQUENCE, START
Major Turn-Round から曲が入ると想像していなかったのでちょっと驚き。

・TK Solo
かっこいい!

・BEYOND THE TIME
やっとウツ登場!20分待ったウツファン発狂!

・human system
いーんざ・ひゅーまん・しーす・てむ!って心の中で会場の皆さんと歌いました。

・Here,There & Everywhere
年月を経てもあらためてやっぱりいい曲と思いました。

・Green days 2013
YouTubeでしか聴いたことがなかった曲、そんなに好みの楽曲ではないと思っていたのですが、アレンジが変わった今回のは「お、けっこういい!」と思いました。

・CAROL組曲
tk-trapの英語バージョンCAROL。まさかここでtk-trap聴くと思いませんでした!
誰だかわからない外国人俳優さんが高らかに歌い続けます。(実際はマイク見えなかったので別録の歌に口パクと思います)
スクリーンに映る観客も映画館の観客も完全にまた( ゜Д゜) 地蔵です。
そして意外に長い!笑

・Just One Victory
じゃす・わん・びくとぅりーなーぁう!って心の中で会場の皆さんと歌いました。

・一途な恋
ライブじゃ不可能との話題の一曲。短めでしたが聴けて嬉しい。

・DIVE INTO YOUR BODY
・COME ON EVERYBODY
・Come on Let's Dance
ノリの良い曲が続きます。どれもアレンジされて短めだったような。

・Be Together
ウツと木根さんの息のあったクルリ!が観れて最高。

・GET WILD
なんだかんだ言っても盛り上がります。げ・わい・えん・たふ!

・Dawn Valley
和やかだった演劇の場面がなんだか銃撃爆発などの荒々しいシーンに。

・RESISTANCE(7/20) / I am(7/21)
CDのI amアレンジ良かったので個人的にはI amの方聴きたかったかな…。
両日で違いはこの曲だけだったようなので。

・Love Train
電車風のタイムマシンに乗り込んでゆきます。

・Ending(Fool On The Planet)
イントロの繰り返し。
大好きな歌なので歌ってエンディングにならないかと期待しましたが歌はなし。
[PR]
by yukiya-13 | 2013-07-27 23:47 | 音楽イベント

Endless Rainが脳内エンドレス

たまには娘ちゃん以外のとりとめのないことを書きます。


日曜日の夜中にYou Tubeであれこれ見回っていたら、何気なくX JAPANにたどりついてしまって、見始めたら思わずけっこう見入ってしまいました。
特別に好きだとか、思い入れのあるアーティストではありませんが、どれも聴いたことのある曲ばかりですし、
演奏している姿には思わず引き込まれました。
そんなわけで月曜の朝からエンドレスレインがエンドレスで脳内をグルグル回っています。

エーーーンドレス、レイッ!

特別に思い入れがあるわけでもない私のような者まで引き込む魅力、脳内を支配するメロディ、やっぱり一時代を築いたカリスマアーティストは影響力も半端ないですね。




久しぶりにX JAPANを視聴して「人気があったにせよ、ずいぶん、曲がわかるなあ、私」と思ったのですが、
そういえば全盛期の当時、姉が好きでアルバムみんな持ってたから聴いてたんだよな、と思い出しました。



中学時代の姉は光GENJIのあっくんが大好きな、どこにでもいる田舎の素朴な中学生でした。
あっくんが歌番組で大写しになるたびにきゃーきゃーいうようなかわいらしい娘さんです。
仙台のコンサートに行きたいと親に懇願し、ダメだと一蹴され涙する姿を見たこともあります。
姉の部屋にはさわやかなアイドルスマイルの光GENJIポスターが飾られ、棚には光GENJIのレコードが全作そろっていました。

そんなある日、マンガを借りようと姉の部屋に入り、私は驚愕します。

部屋が黒い!

あっくんが爽やかに笑っていたあの部屋はもうありません。
部屋中がX JAPANの艶めかしいポスターと入れ替わっています。
棚の中もX JAPANのアルバムに取って代わられています。
ジャニーズに黄色い声援を送っていた純真な姉ももういません。
YOSHIKIが半裸で吊るされるアルバムジャケットを美しい、美しいと眺める娘に変わっていました。


エンドレスレインの影響力に2~3日支配されつつ、
X JAPANの影響力の大きさを思い知った懐かしいあの日を思い出したりしました。
音楽の力って半端ないですね。
あと、田舎中学生の染められやすさもね。どんだけ真っ白なん!


蛇足ですが、
中学当時の姉のクラス文集に「理想の異性はだ~れ??」みたいなアンケートコーナーがあったことも芋づる式に思い出したのですが、ほとんどの女子が光GENJIかX JAPANの誰かかを挙げていたその中で

「パズー」

と回答していたノリコ先輩はホントに光っていたなあ、と思います。
[PR]
by yukiya-13 | 2012-10-24 01:17 | 日常日記★ユキ印

家内制手工業

最近ブコウスキーさんに教えてもらったラムライダーのPORTABLE DISCOを聴きながら無心に3センチほどの円形の図柄を切りまくる。
ラムライダー、すごく好み。楽しい。

円形の図柄は仕事の合間を縫って、ちょっとづつプリントしておいたもの。
リズムに乗ってチョキチョキチョキチョキチョキ。
a0034014_0482067.jpg円形に切ったものをCanバッチgood Superにセットし、6才の女児よろしく、ウキウキとバッチを製作中。
けっこうたのしいのだが、続けて制作していると、大人の私でも結構な筋肉痛。
ぐりぐりと頭のハンドルを回して缶に図柄とフィルムをねじ込むのがなかなか大変なのだ。
もっと簡単にプレスする方法はなかったのか、バンダイさんよ。

a0034014_0541844.jpg
地味にコツコツ作ったバッチは近日お目見えする予定。
見たい人、欲しい人は山形県の置賜地方まで取りにきてください。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-21 00:56 | 図画工作

ショッキングナイター

a0034014_21264511.jpg今日もおなじみ高畠町RISEにてショッキングナイターが開催。
お家で夕ご飯を食べてのんびりでかける。
今回は妹ちゃんは体調不良のためお休み。
ひとりでお店へ。
中にはほぼいつもの顔ぶれ。白鷹の美人姉妹も本日はお姉さんだけの参加のよう。
今日はどっちも妹が欠席だねえ、なんていいつつ席に混ぜてもらう。
同じ席にははじめましての若い女性も。
話をしたら川西町の元ミスダリアだったよ!!すげー!!
どうりでめんこいと思った。
長身でスラッとしていて若くてかわいくてモデルさんのよう。

a0034014_21281440.jpgここだけの話し、このイベントは美人率高いですよ。
そしてその娘らをはべらせて酒を飲むDJ:B氏。うらやましい。

今回は飲まないつもりだったのに、楽しくて結局ジーマを4本も飲み干してしまったい。
ごちそうさまでした。
nonsenceさん、ブコウスキーさん、KTRさん、キャベツさん、マスター、トモイチくんなどなどいつもの顔ぶれともお話して楽しく過ごした。
気持ちよく酔っぱらいつつ「あぁ〜いいなあ、この曲〜」と思ったのがあったのだが、曲名もアーティスト名も全くわからない私。
うーん。
かかっているその時に「コレ誰〜?」って聞いてもいいですか?
邪魔しない程度に。
ちなみに「君にジュースを買ってあげる」ではない。

みなさま、今回もありがとうございました。

a0034014_21403244.jpgそれにしてもベビースターラーメンと純米せんべいはなんであんなにおいしいんでしょうねえ?KTRさんはVJしながらブースの中ですごくおいしそうに純米せんべいを食べていた。
バリボリ。
キーボードがしょっぱくなっていないか心配だ。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-13 21:14 | 音楽イベント

ステレオカセットキングダムナイト

a0034014_17225510.jpg夕ご飯を食べてのんびりと身支度を整えBar Riseへ。
ちょっと風邪気味だったのだがお昼に温泉に入ったら調子が良くなった。
今回も妹ちゃんと二人で遊びに行く。
お店に到着するとまだ人もまばら。主催者のnonsenceさん、KTRさんに会釈して席に座る。ブコウスキーさんは前回同様、美人姉妹と別のイベントの仲間をはべらせお酒を飲んでいる。今回もモテモテだ。悪い男だ。

妹ちゃんとしゃべりながらのんびりお酒を飲む。時間が経つといつの間にやらお客さんは増えていて、いつもながら日付が変わる頃に大盛況。
nonsenceさん、KTRさん、キャベツさんのおなじみのみなさんと、その同級生のサイバーポリス(自称)とも楽しくお酒を飲む。サイバーポリスの話はスケールがでっかすぎてどの辺りまでが真実なのだろうか。KTRさん曰く、まんざらウソでもないというからスゴイ。何者なのだろう?あと、ココだけの話、ポリスというかどちらかというと犯罪者側の話が多かったような?
a0034014_17205916.jpga0034014_17221540.jpg











nonsenceさんに差し入れていただいた酒田土産の「やきふ丸(シソ味)」を食べる。
甘いかりんとうのような味。シソの味はあんまりしなかったけどけっこう食べちゃった。
今回も払ったお金以上にお酒やらおつまみやら楽しくごちそうになっちゃいました。

1時ちょっと前にタクシーを呼んでもらい帰途につくことに。帰り際はいつものことながら盛り上がりも最高潮。近所から騒音の苦情が届いたりもしていたようで。
高畠町のみなさん、すみません。

終盤に見たブコウスキーさんのダンスがとてもキレていた。そう~だろ?
二人でひとつで地元じゃ負け知らずだそうで。
瞳が輝いていた。メガネが飛ぶところは目撃できなかった。結局飛んだんだろうか?

とにかく今回も楽しかった。みなさんありがとうございました。
a0034014_1719050.jpga0034014_17194395.jpg











家に着いてタクシーを降りる。
空を見上げると満天の星。
田舎はいつでもけっこう見えるんだけどいつも以上にキレイに見えた。妹と二人でしばらく見惚けていると、なんと!流れ星!!
東の山の陰にすぅーっと流れていった。軌跡の長い流れ星だったけど、それでも願い事を3回唱えるのは無理だったよ。

でも、なんだかいいことがありそう。
嬉しい。

a0034014_17234481.jpg

[PR]
by yukiya-13 | 2006-04-23 17:13 | 音楽イベント

SHOKING NIGHTER

a0034014_1642328.jpg
Stereo Cassette KingdomNight #014のお知らせ。


明日(4/22)の夜、山形県高畠町のBarRISEで4ヶ月ぶりにステレオカセットキングダムナイトが開催!!
私のブログのコメント欄でもおなじみのnonsenceさんとブコウスキーさんがDJを務める、音楽と映像とお酒のイベント。

以前の様子
Stereo Cassette Kingdom Night #012
Stereo Cassette Kingdom Night #013

オフィシャルサイト
a0034014_16422673.gif



地元の友達を誘ってみたりするのだが、初めは人見知りとか、夜に出歩くことの不安とかで行きにくいなあ、という人も多い。やっぱり、近所の顔見知りの人たちが多いのかと思うが、2回しか行ったことのない私でも特に排他的な雰囲気を感じたことはない。
ただし、マスターはじめnonsenceさんもブコウスキーさんも体格が良く、ヒゲ、坊主、メガネなど、若干の見た目の威圧感は否めないところ。でも、どなたも本当はのどかな農村地帯の青年たちですから。

週末、特に予定がないならまほろばの里・高畠へどうですか。
私もフラっと遊びに行くよ。


          行くのを迷っている、田舎のシャイガイ&シャイガールへ!
                      「SHOKING NIGHTERは怖くない!」


■クラブ↑って〜なんか馴染めないの。
ここはクラブ↑ではありません。もちろんクラブ↓でもありません。飲食店です。
イベントを知らずに飲みに来たお客さんもかまわず飲んだり食ったりしています。

■音楽に疎いからなあ。
私も疎いです。

■お酒が飲めないし〜。
飲まずに盛り上がっている人をたくさん見かけます。

■踊れないわ。
そんなに踊ったりしていません。踊れなくても、踊らなくても大丈夫です。
踊りたければ踊ってください。

■値段が高そう
ドリンクはどれでも1杯500円。明朗会計です。酔ってくると周囲のお兄さん方が勝手におごってくれたりします。

■オシャレ空間って気が引けちゃう。
うまい棒とか観光土産菓子とかトマトが振舞われたりする程度のオシャレ度です。庶民派です。店内はいろんな雑貨小物でカワイイです。
もちろん最先端ファッションでキメキメに着飾ってきてもかまいません。

■どんな人が来るのかわからないし・・・。
いわゆるガングロギャル&長髪ギャル男は皆無です。むしろ色白なねえさまと穏やかなにいさまの集まりです。
来ているほとんどの人が山形県置賜地方の童話の里の住民です。平和主義です。安全です。直視しても大丈夫。

■朝まで帰れないんじゃ・・・。
みんないい大人なので、仕事や家庭があったりします。ヤングなオールナイトの体力など持ち合わせていません。そこそこで帰ります。帰りたくなければそれでもいいかもしれません。

a0034014_1742765.jpg■みんなでブチアゲ↑↑パラパラを踊りたい♥♥♥
ごめんなさい。それは無理かもしれません。でも踊りだしても止めないと思います。



ほうら、怖くなくなってきたでしょう?
置賜に1軒くらい、こういうお店にいきつけておくのも良いと思いますよ。
それでは、明日高畠で!
[PR]
by yukiya-13 | 2006-04-21 16:58 | 音楽イベント

ツーと言えばカー、イェイ!と言えばウォウ!

何気なくテレビをつけていたら、ロンドンハーツをやっていた。
すごく見たいと思っている番組でもないのだが、格付けしあう女たちとか青木さやか写真集ができるまでとかけっこう見ちゃってる。

昨日は元C・Cガールズの青田典子がバブル青田としてCDデビューするまでのお話。小室哲哉の楽曲に前田たかひろの作詞。TRFが振り付け。
おお。すごい90年代の匂いがする。

90年代を女子高生~女子大生として過ごした私。羽根扇子のディスコブームはもうちょっと年上の人たちのものだったが、そんな多感な時期に大流行していたwithTK的な音楽にはドップリとイェイ!イェイ!ウォウ!ウォウ!だったのだ。

もともと中学生の頃から光GENJIよりもTMNetworkが好きだったりしたので、小室哲哉が輝き、もてはやされていた90年代の波は私にとって待ちわびたビックウェーブ。

当時の私がどのくらい小室にHey!YO!だったかというと、TMNラストコンサート、テスト期間中なのに東京ドームまで行ったりとか、その時に出たメモリアル的なCDやらビデオやら全部買っちゃったり、プロデュースしてるのも全部チェックしたり、TRFのコンサートでは最前列のど真ん中の席でフォー!と元気にジャンプしたり、カラオケではglobe、華原朋美ばかり歌い、新体操のフープの演技の曲は「僕らの七日間戦争」だったり、映画「天と地と」展を見に行ったり、ヤマハのEOSというシンセサイザーを買ったり、ショルダーキーボードのKX5を買いそうになったり、「好きな異性のタイプは小室哲哉。色白でガリガリでインテリ臭い顔の人が好き」と公言していたほどに、ゆっきゅんwithTK。
小室哲哉の書く歌詞を、実は「なんだかヘンテコだな」と思っていたのだが、好きな気持ちが邪魔して言えなかった。変じゃないと思い込もうとしていた。愛だね、愛。
今なら言える。♪起きたら必ず一度は鏡をみるよね♪って歌われても、そうね、としか言いようがない。
若かりし頃はいとしくて切ない。心強くはない。

さて、こんな風にどっぷりと小室っ子だった私なので、思わずテレビに見入ってしまう。懐かしい気持ちで見ていただけなのに、青田姉さんのがんばりに途中から不覚にも泣いてしまっているではないの、私。涙腺弱すぎやしませんか。でも30代後半から体重5キロ落としたり、ウエスト8センチしぼったりなんて、なかなかできないですよ。
良い時期も悪い時期も味わって、まだ消えずにがんばって芸能界で踏ん張っている青田典子。泣ける。ちなみにだが、私は青田典子にもC・Cガールズにも特に思い入れはない。
しかし、単純で覚えやすくて、全く生演奏感のない音楽が私はとても好きなのだと再確認。機械一つで何もかもピッチに合わせて音が出てるような。

バブル青田のデビュー曲、その名も「ジーザス」は同じ日にリリースされる熊田曜子のデビューCDと売上競争するらしいので、ぜひとも青田姉さんにがんばってほしいところ。
でも自分ではきっと買わない。ごめんよ、青田さん。

嫌でも覚えちゃうような単純な音楽に我を忘れて扇子を振って踊り狂えたら、けっこうストレス解消になる気がする。また流行ったりするかな?
CDは買わないかもしれないが、着うたはしっかりダウンロード。みなさまもいかがです?フォフォー!!
[PR]
by yukiya-13 | 2006-04-12 17:53 | 日常日記★ユキ印