タグ:日常のできごと ( 50 ) タグの人気記事

5月5日の休日

子供の日だがお隣の市では成人式をやっていた。行政側から新成人への軽いイヤミなのだろうか?
今日は両親&妹と町内の蕎麦屋さんへ蕎麦を食べに行く。たまに親子で出かけるのもいいものだ。
おいしい手打ち蕎麦を堪能して、近くの旧高畠駅へ。ここは小学校の頃、学区外なのにドキドキしながらよく遊びにきた場所。古い味のある駅舎の造り。かっこいい。
展示されている古い車両の前にも桜がキレイに咲いていた。車を停め写真を撮って帰る。
ちなみに旧線路は道沿が桜や花がとても美しいまほろばの緑道として整備され、サイクリングや散歩などに最適な道になっている。高畠町民ならば必ず一度はこの道をサイクリングしたはずだ。
a0034014_23403818.jpga0034014_23405118.jpg











帰りに旧駅舎近くにある行きつけの精肉店でお買い物。
すごく久しぶりに顔を出したのだが、お店の主人はちゃんと覚えていてくれた。ちょっと嬉し懐かし。
夕ご飯の買い物にと、地元の魚屋さん関食品にも行ってみる。
ここは中学の同級生のお店だ。ぷりぷりのカツオをサクで買う。隣にピカピカのシメサバがあったのでそれも買う。それと鯨の刺身、身欠きにしんも買う。
ここの魚は活きが良くてとてもおいしい。
中学卒業以来で見た同級生は見違えるほど立派になっていて、てきぱきと魚をさばいていた。
店内を見て回っているとお店のご主人が声を掛けてくれた。
おいしいカツオの食べ方など話をしていたのだが、急に「サッカー好きか?」との質問。「けっこう好きです!」と答えたら横浜マリノスの久保選手との写真とサインを見せてくれた。
そして、「仲いいんだぜ〜、あさっても来るんだ!」と。
え?ここに?あさって?
なぜに久保がやって来るのかは謎のままだったが、写真とサインは本物でカツオとシメサバの夕ご飯も間違いなくおいしかった。
お近くの方、もし関食品に行かれる際は新鮮な魚だけでなく、久保のサインもぜひ見てきてくだされ。

一息ついてひとりのアパートに戻ることに。
片道1時間ほどのドライブ。道路は空いていてとても快調に戻ってこられた。

短いけれどなかなか充実してたのしい連休だったなあ。
寝る前にテレビをつけると「ゴールデンウィークも終盤です。明日がユーターンのラッシュで…」と言っていた。

わたくしは明日からもうお仕事ですよう!!
[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-05 23:38 | 日常日記★ユキ印

5月4日の休日

今日は天気が良いので車を洗う。
梅雨が来る前にキッチリワックス掛けもしておきたかったので念入りに洗車。洗車が終わったところで妹と昨晩行った米沢市へ再び。妹がスツールを買うというので雑貨屋さんについていくのだ。

私が高校生の時にはなかったお店。なかなか楽しい。
お店も楽しいが、こういうお店にたむろしてくる田舎の若者をウォッチングするのもまた楽しい。

女子高生らしい二人組。
男性用の下着コーナーで大はしゃぎ。なんでも社会人の彼氏にプレゼントするそうだ。

これなんかいいんじゃね?」
「あ〜!カ・ワ・イ・イ↑でも派手すぎねがよぉ〜?」
「○○ちゃんが頼めば穿いでくれるって!」
「んだがなぁ・・・。社会人だげど大丈夫がなあ?」
「いいず〜カワイイず〜!」

社会人かどうかという問題でもない気がするが、愛する彼女がプレゼントしてくれればその社会人の彼も喜んで穿いてくれるのではないだろうか。
他人にパンツを見せる機会はそんなにないだろうし。
さっさと買っておしまいなさい。キティちゃん。

妹のスツールを買い、ユニクロを経由し、近くの飛行船という喫茶店へ。
ここにはブランコ型の揺れるベンチ型の席がある。
お子さま連れやカップルやらでゆらゆら、キャーキャーとお楽しみあそばせ。
私が入店した時にも、小さな女の子が足をプラプラとさせながらご機嫌でパフェかなんか食べていた。

私は妹となので揺れない窓際の席に座る。
のんびりとお茶をしていたらいつの間にやら夕ご飯の時間が迫っていた。
最近は日が長いからついつい油断してしまう。

家に戻り、車にワックスを塗りこんで仕上げる。けっこう重労働だけどボディの表面がツルツルピカピカになって、シャープに水を弾くようになるのはちょっと嬉しい。
そろそろオイル交換もしなきゃなあ。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-04 23:29 | 日常日記★ユキ印

桜、桜、桜、桜、桜、さくら

山形にも遅い春がようやく来た。
桜が満開。
日ざしも暖かい。夜はまだちょっと寒い。

桜は咲いたと思ったらすぐに雨や風で散ってしまう。
年に1回の短い楽しみなのでいろんな場所で桜を楽しんでいる。

今日はすごく天気が良かったけど、風が強かったので少し散り始めているかな。
散っている桜の花びらもキレイなんだけどね。

■日和山の桜
4月の中旬、ようやく開花宣言の出た酒田市に小旅行。酒田は庄内地方の海に面した年でいろんな文化施設の多い所。
そこでの旅行記は現在鋭意執筆中。まだまだ終わりそうにない。

その旅行の中で宿泊地の近くにあった「日和山公園」に行って来た。
桜はようやく咲き始めたばかりで1〜2分咲きといったところだった。
満開の花のにぎやかさはなかったけれど、1枝、2枝わずかに開花している花をみつけた時の喜びは、満開の圧巻の風景ともまた違った趣。
春は近づいている、と実感。

a0034014_1851138.jpga0034014_18512895.jpg










■霞城公園の桜
今週始め、見頃を迎えた山形市の「霞城公園」の夜桜を見に行く。
ちょっと寒かったけれど、県内でも有名な桜のスポットだけあって見どころもたくさん。お堀に映る白い幻想的な桜やお花見宴会の姿。遊歩道の頭上をトンネルのようにおおう玉のような満開の桜。
霞城公園のお堀の桜は線路沿いに美しい景色を見せてくれる。
この季節はなんと、そこを通る電車は桜がゆっくり見られるように徐行運転をしてくれるのだ。風流!粋だねJR!
こういうのもホント、都会じゃ無理だなあ、と思う。
a0034014_18574628.jpga0034014_1858120.jpg










a0034014_1859919.jpga0034014_18583325.jpga0034014_18585472.jpg

■馬見ヶ崎の桜
山形名物、いも煮会で有名な馬見ヶ崎河川。春はこの川沿いがダ〜〜〜〜〜〜〜〜っと桜の回廊になる。川沿いにライトアップされた桜のライン。圧巻。対岸から眺めるもよし、道路を眺めながらドライブするもよし。
この季節はお花見運転なので渋滞してしまうこともしばしば。
でもみんな桜を見ているから、クラクション鳴らす人は皆無。ここは毎年くるけど本当に奇麗。整然と列をなす桜は公園の中などの桜ともまた違った風情がある。
日中散歩をするのもいいし、やっぱりでも夜がオススメのスポット。
風景がパノラマすぎて、迫力や感動がカメラに収まらないなあ。
a0034014_1992538.jpga0034014_1994789.jpg









■病院近くの花
3日前に行った病院の近くにあった桜並木。
桜の下では妊婦さんと2〜3才の子供が遊んでいた。すごく穏やかでかわいらしい風景だった。風気味で咳が苦しかったのだが、暖かい日ざしとその風景に少し癒されて気のせいだろうけど少し身体が楽になった気がした。
その後すぐに仕事に戻らなければいけないのがイヤだったなあ。あたしも日なたぼっこしてたいよう!

a0034014_19181660.jpga0034014_19183321.jpg











■お花見ランチ
金曜のお昼、せっかくの天気とせっかくの桜満開なので、会社近くの公園にお昼を食べに出かけた。近くのシベールというパンやさんでパンや飲み物を購入しいざ公園へ。
いい天気。
桜もキレイ。
はしゃいで、久しぶりにブランコなんかに乗ってみたり。
いかにも「昼下がりのOLさん」って感じですごく良い写真。
a0034014_1925017.jpga0034014_19251633.jpg











a0034014_19261272.jpga0034014_1927659.jpg











外で食べるとご飯は一層おいしくなるなあ。お昼が終わっても帰りたくなくなるほど気持ち良かった。気合い入れて戻ったけど。
帰り道、公園脇のレトロなお店跡にこれまたレトロな自動販売機発見。
カワイイ。
a0034014_19282412.jpga0034014_19283971.jpg











■線路脇の花
私の現在の住まいは山形駅近くの線路沿い。車両整備の工場や車庫のすぐ近く。
ここには小さな木だが、毎年キレイな花をつけるしだれ桜とソメイヨシノ?がある。新幹線がゆっくり車庫に入る姿をバックに、細々とでも絢爛に咲いている桜は自宅のベランダからも見えるので毎年ちょっとした楽しみにもなっている。
今日はとてもいい天気だったので、線路沿いを散歩しながらちょっと遠くのコンビニまで行ってみることにした。
桜を眺め、線路を眺め、電車を眺め、いい気持ち。
a0034014_20342891.jpga0034014_2034441.jpg












歩くと、車では気づかなかったお店や看板に出会えたりして楽しい。
今日もコンビニのすぐ近くにレトロなタバコ屋さん発見。
レトロなタバコ屋の窓口のすぐ脇はタバコの自販機が並んでおり、時代の流れを感じさせられる風景になっていた。
a0034014_20362452.jpga0034014_20363637.jpg











夕方、ベランダの洗濯物を取り込んでいたら、桜には線路への照明がちょうど当たっており、まるで夜桜のライトアップのようになっていた。
ぼんやり眺めていたら、ベランダ前の駐車場に住人が降りて来て、目が合ってしまいちょっとバツが悪かった。



今年の桜もあと何日かで散ってしまうんだなあ。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-04-29 19:46 | 近出&ごはん

地元で湯治1

私は温泉が大好きだ。
遠くにお出かけして入るのもいいし、近場で気軽に入るのもいい。
今回は実家に帰ってきたついでに近くの温泉に行ってきた。

山形県は県内の全市町村に温泉があるというとてもステキなところ。
もとろん私の地元近くにもポコポコとたくさんの温泉が湧いている。
整備されたキレイな大浴場のところもあれば、昔ながらの小さな秘湯的温泉もある。最寄の駅構内にもある。

今日はその最寄りの駅構内にある温泉に行こうかと思っていたのだが、祖母が自分の実家の近くにある温泉を勧めるので、20年ぶりくらいに行ってみることにした。祖母とその母(私の外の曾祖母)と一緒に何度か行った記憶があるのだが、どうやら20年の間にリニューアルし、キレイになって、さらに露天風呂までできているらしい。
これは行ってみなくては。

a0034014_22491472.jpg大通りから田んぼ道に入ると、そのままではすれ違えないほどに狭い道路。
対向車が来た時には道に2〜3箇所設けられたはみ出しスペースに一台が待機してすれ違うようにする。
セカセカした人が住んでいる地域ではちょっとムリでしょ、っていうのどかなシステムだ。ステキ。
こんなにすばらしいロケーションの中で育ったのね、と久しぶりに帰省して思う。

対向車が来ないことを願いながら、一気に温泉に到着。
今日の温泉は湯沼温泉。別名不思議な温泉。

a0034014_2314796.jpg
ふ、不思議な温泉!?

子供の頃は気づかなかったなあ。こんなおもしろネーミングだったなんて!
ふと、建物の横に目をやると、雪のためのものだろうかなんだかレトロな風合いのカワイイ乗り物が二台。いい色。





a0034014_2302893.jpga0034014_2304466.jpg











中に入り300円で券を購入。安くていいなあ。
浴場に入ると硫黄のような泥のような、いかにも温泉です!って感じの匂い。
この匂いだけでなんだか身体や肌に良さそうな気がしてくるから不思議だ。
あ!だから不思議温泉!?

泡風呂と露天の青鬼の湯を堪能。露天風呂は屋根がかかっていたけれど、これからもう少し温かくなったら取れるのかもしれない。
そしたらもっと気持ちいいんだろうなあ。
お風呂にはおばあちゃんと孫の組み合せがとても多くて、昔の私もこんな感じだったんだろうな、と思った。ジジババのいる家の子供は、めちゃめちゃ小さいのにすごく訛っていたりしてかわいい。

ほどよく温まったところで家へ。
ほかほかの身体に気持ち良い風を受けつつ家につくと、裏庭から燃えるような夕日が落ちるのが見えてとてもいい気分になった。

a0034014_23112197.jpg

[PR]
by yukiya-13 | 2006-04-27 23:11 | 近出&ごはん

地元で湯治2

私は温泉が大好きだ。
遠くにお出かけして入るのもいいし、近場で気軽に入るのもいい。
今回は実家に帰ってきたついでに近くの温泉に行ってきた。

山形県は県内の全市町村に温泉があるというとてもステキなところ。
もとろん私の地元近くにもポコポコとたくさんの温泉が湧いている。
整備されたキレイな大浴場のところもあれば、昔ながらの小さな秘湯的温泉もある。最寄の駅構内にもある。

a0034014_17561984.jpg今日は最近姉&妹がはまっているらしい「岩盤浴」に行ってみることに。
天気が良くて眺めがいい。最近雪が降ったので遠くの山並みは青い山肌に雪のコントラストが爽やか。こんなにすばらしいロケーションの中で育ったのね、と久しぶりに帰省して思う。
巷で流行っていることは知っていたのだが、今回初体験!行った人みんなが、「いいよ!」というのですごく気になっていたのだ。

a0034014_17534451.jpg
お店に到着しオールセット1200円でいよいよ中へ。
ぬるいサウナみたいな感じかな?と思っていたのだが、サウナのような息苦しさはない。

場所を決めて、うつぶせ5分、仰向け10分、休憩5分を3セット。
1回目は腰やおなかが温まる感じですごく気持ち良かったのだが、1回目の後半、2回目、3回目にはもう滝のような汗。
ちょっと透けちゃいけないようなところまでスケスケではないですか。混浴なのに!
ま、誰も人のことなんか見ちゃいないですけどね。

全セット終了し外に出る。
汗だくじゃ気持ち悪いかな?と思っていたのだが、これが全然臭くなく、しかもサラサラの汗なので全く気にならない。
すぐに流さないほうがいいということだったので丁寧にタオルでふき取って着替える。

普通の湯あがり気分。サッパリ。

初岩盤浴はかなり良かった。冷え性とかも改善されそう。
会社の近くにも新たにオープンするようなのでまた行ってみようと思う。
a0034014_175633100.jpg

お店の前の親子蛙。カワイイ。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-04-22 17:17 | 近出&ごはん

四月の雪

それははかない恋だった。
どんなに舞い降りても積もることのない
四月の雪のように…。


今週、ようやく開花宣言が出た山形。もうすぐお花見できるなあ、と思っていたのだが・・・。

a0034014_16594026.jpga0034014_1659551.jpg










現在の山形、吹雪。
桜吹雪ではなくリアルスノーですよ。
しかも、うっすら屋根に積もり始めているではないか!四月の雪なのに!
ヨンさまの恋ははかなかったらしいけど(映画観てないけど)、山形の四月の恋はなかなかしぶといとみた。

こんな時に限ってヒーターの灯油とは切れるもの。
花冷え、っていうか、普通に冬だよ。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-04-20 17:00 | 日常日記★ユキ印

移籍を決意

4月。
様々なことが新しくスタートする季節。
私もこの春、新天地に移籍することを決意し、本日その手続きのために駅前へ。

新しい移籍先はまだ建設中で6月の中旬に完成予定。
真新しい建物で、心機一転がんばろうと思う。

山形駅に隣接する南側、そこにはルネサンスという全国規模のフィットネスジムを建設中。プールや露天風呂やテニスコートまであるらしい。
私は現在、その建物と線路を挟んで反対側にあるフィットネスクラブに通っているのだが、料金は安いけど、ちょっとせまいし、プールもないし、営業時間も短い。場所は良いのに残念。
少し郊外に行くと別の大型のクラブもあり、一時期そこへも行ったのだが家と全く逆方向なのはちょっと辛い。大雪とかだと一気に行く気が失せてしまう。料金も高いし。

というわけで、駅前で駐車場完備、しかも充実の設備で夜も遅い。料金もまあまあのここはかなり理想的なジムなのだ。

早速受付の予約をし仮事務所へ。
諸手続をして入会完了。

あとは今のジムに退会届けを出さなくては。
丸2年通ったので顔なじみのトレーナーできた。少しもったいない気もするけど新天地でこれまで以上にシェイプアップに励もうかと思う。
前の料金の倍くらいあるので、運動しない日も無駄にお風呂に入って帰ったりしよう。露天風呂だし。

入会希望の方は7日までなら入会金タダ&月会費が1年間毎月1000円引きだって。
私の紹介を受けると、私にもちょっといいことがあるので、入りたい人は私の紹介を受けてくだされ。

さあて、水着、買いに行かなきゃなあ。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-04-03 00:59 | 日常日記★ユキ印

そういう問題じゃないこと

今日は会社の同僚数人と焼肉ランチ。
私は最近すごくよく食べる。もともとよく食べるのだが、いつにも増してモリモリと食べている。

自分では普通盛りだと思っていた食事の量を「多いね~」と男性に驚かれたりする私が、自分で「最近食べているなあ」と感じるほど食べているのだ。

お昼はお肉だったしと思って久しぶりのジムへ。
帰宅し夕ご飯の準備。
ヘルシーに野菜中心にしよう!と思ってサラダを作る。

本日のサラダ。
a0034014_1810448.jpg

写真はもちろん一人前。

レタス
アボカド(しかも丸ごと1個)
トマト
おくら
アスパラ
セロリ
ブロッコリー
きゅうり
しめじ
カイワレ
そしてカマンベールチーズとエビをトッピング。

そこにサツマイモのシナモンバターがけ
ナス漬
らっきょう漬
やっこ豆腐(しかも半丁)をつけて。

さらに、植物性乳酸菌飲料ラブレもおまけで。


ヘルスィー!!

久しぶりに穿いたスリムのジーンズ、腹が若干苦しかったのは洗濯したてだから。
買ったばかりのブラウス、胸が苦しかったのはストレッチ素材じゃないから。


そういう問題じゃない!!

腹も胸も出てる!!
食べすぎてる!!

現実に向き合えません!!誰か助けて!!
でもわざわざ言わせてください。きつかったジーンズは28インチです。(唯一の)
[PR]
by yukiya-13 | 2006-03-28 18:00 | 家ごはん

初体験

29年経っても初めて経験することはまだまだ多い。
周囲のみんなが平然とあたかも普通のことのようにしていることっていつ覚えるんだろう?誰かに教えてもらうのか?

小さい頃、私はけっこうな箱入り娘さんで、自らにもそんなに大きな冒険をしようという気がなかったので小さな初体験にもけっこうドキドキしていたし、今でもドキドキするし、いろんなお初が遅かったのではないかと思う。

ええと、ここまで胸をドキドキさせながら読んでいる方へ。
ご期待には添えませんよ。

さて。
例えば、電車に乗ること。
私が自分で切符を購入し電車に初めて乗ったのは高校生の時だ。
それまでにも電車に乗ったことはあるのだが、全ての準備をしてもらって乗っていたから、自分で行き先と金額を確認し切符を買って電車に乗るという行為は初めてだった。乗り間違える方が難しいような単線だったのだが、ものすごい緊張した。
切符はいつ出せばいいのかとか、普通電車というものが指定席ではないことを初めて知ったのだった。
ホームによって入ってくる電車が違うということもけっこう大きくなってから知った。
つまり、行き先に合ったホームに出ないと電車に乗れないということを知らなかったのだ。

例えば、飛行機に乗ること。
初めて飛行機に乗ったのは社会人になってから。
自分でチケットを準備したことはまだない。
搭乗手続きをすることとか、入場のゲートをくぐるときにチケットを手に持つこととか知ったのはすごく最近。

例えば車の運転。
ビル型の駐車場に停めることができるようになったのは最近。
オイル交換を自分で申し出たのも最近。
立体駐車場は未経験。
高速道路は走ったことがない。


前置きが長くなったが、今日、またひとつ初体験。

コインランドリーデビュー。

2年ほど前から住んでいるアパートのすぐ裏手にあるのだが、1度も利用したことはなかった。
なんだか布団や毛布も丸洗いできるらしい。
寝ている間に汗だくにしてしまった冬用の毛布を洗濯してみたい。
クリーニングより安そうだし。

洗濯の前に洗濯表示を調べると「乾燥機はお避けください」との注意文。
毛布だけなのかと思い、いろんな洗濯表示を見てみるとほとんどの物にその注意文が載っている。
???
私の持ち物の布製品にはほとんどこの表示がある。
なのになぜ、コインランドリーの乾燥機は商売として成り立っているのか?

私の持ち物が例外的なのか?
もしかしてほんとは乾燥させちゃってもいいの?
ダメと書いてある物を乾燥させてみちゃったらどうなるのか?

不安になり、結局昨日は洗濯を見送り、会社の同僚に疑問をぶつけてみた。


「縮むからなんじゃん?」


あっさり一言。縮むからか。そうか。
多少縮んでもいいような普段品ならどうってことないわけね。

発火するとか、溶け出すとか、
泡がブクブクブク〜、
膨らんで扉からあふれて、バンッ!ってなって、
ボンッ!ってなって、
煙モクモクモク〜で、
長さんが顔にススをつけて「ダメだこりゃ!」ってことにはならないらしい。

ビビりすぎ、私。
というか、ドリフ見て育ち過ぎ。

同僚の言葉に勇気づけられ、コインランドリーへ。

a0034014_094472.jpg

初のコインランドリーは笑えるくらいあっさりで、分かりやすくとても便利なところであった。
自分の毛布がクルクル回る姿が楽しい。
もう少し子供だったら、本当は扉の前にベッタリくっついて中をのぞいていたい所だが、それが今の私では不審だとちゃんとわかっているからやらない。
遠くから見守る。クルクルクル。
心なしか、毛布のピンク色も鮮やかに蘇ったような。

乾燥機に移動してスイッチオン。

乾燥を待っていたら、50〜60代のご婦人がやってきて、キョロキョロと説明文などを確認しながら洗濯を始めた。

乾燥の終わった洗濯物を取り込んでいるとそのご夫人に話し掛けられた。

「あの...乾燥機の使い方って...。」

ほんの30分前に覚えたばかりの手順を丁寧に教える。

「ありがとうね。初めて来てみたものだから、わからなくて。ドキドキしながら洗濯してるのよ」とご婦人。

心の中で「あなたもですか!」と勝手にすごい仲間意識。
なんだかちょっと嬉しくなった。


初体験でわかったこと。
毛布とマット類の乾燥時間はもう少し長めがいい。

みなさまは最近なにか初体験されましたか?
[PR]
by yukiya-13 | 2006-03-28 00:10 | 日常日記★ユキ印

情報計画同窓会

毎年恒例の大学の同窓会。同じコースで学んだ仲間と集まる。
今年は平日月曜の夜になってしまったので、集まりが悪いかと心配していたのだが、それでも60名近くの人数が集まり開催することができた。会場も例年より狭い会場にしてもらったので人と人の距離が近くて話しやすかったと思う。
私は卒業後も大学所在地に暮らしているので、毎年幹事&司会をしている。
地元に残っている各学年の代表に連絡を取り、毎年恒例の某ミルキーウェイで事前打ち合わせ。年々必ず一学年増えていくから、幹事の数もおのずと増えていく。来年はテーブルを何個つなげてもらえば良いのだろうか。

今年もたくさんの人の協力があって、無事に同窓会終了。おいしい料理を食べ、いつもの顔、新しい顔と話をしたり。飲んだり、食ったり。集合時間はやっぱり守られず、教授陣の話はやっぱり長い。大学時代と何も変わっていないなあ。結婚や出産の報告が増えたってことがちょっと変わってきたところかな。二次会も行ければ良かったけれど、直前の関東出張でけっこう身体が疲れていたのでまっすぐ家へ。
「幹事のお疲れ様会」を開催してそこで飲もうと思う。って結局飲む気。

私は大学の4期生なのだが、今年はもう11期生が卒業ですよ。
1期生の初代世話役&司会から役目を引き継いで3年。
「3年やったら後輩に引き継いでもいいから!!」「そうだ!そうだ!」と周囲に持ち上げられ続けてきた幹事長役も今年で3年目。キッチリ下に引き継ぐぞ。
自分と近い学年の人とは顔見知りも多いのだが、さすがに5年以上離れていると、もうわかんない。こちらがわからなくても、向こうは知っていて挨拶してきてくれたりするし。そろそろ、若いもんにがんばってもらわにゃ。
古株の顔見知りだけでももちろんできるけれど、やりやすいけど閉鎖的になるし、マンネリにもなりやすい。内輪ウケしてる場って新しい人が入って来にくいでしょう?古株は知り合い多いし、教授とも近しいから、そんなこと気にせず来ると思うしね。
やっぱり少しずつ下に送っていかないとね。ちゃんとそういう理由で、草創期からやって来た乾杯の音頭をとる先輩と共に引退を決意したのだよ。
決して、面倒だとかじゃないのよ!!今即興で考えたのでもないよ!!ホント、ホント。
もちろん来年以降も時間があれば裏方で協力するつもり。
卒業生を世に送り出して11年。同窓会を始めて6年。いつまで続くか楽しみだ。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-03-26 16:30 | 日常日記★ユキ印