タグ:日常のできごと ( 50 ) タグの人気記事

生まれて初めての

今日は5ヶ月の娘が生まれて初めて風邪をひきました…。
予防接種以外では初の病院。

熱もなく喉の腫れもなく肺の音も正常、食欲もあるしおしっこうんちも正常。
鼻かぜで呼吸が苦しかっただけのようです。

赤ちゃんは口呼吸が苦手なので呼吸が浅くなってしまうんだそう。
鼻もかめないし、痰も切れないからゼーゼーいってしまうんだと。

軽い症状のようで一安心。
我が家は町の政策で就学前は医療費負担なしだから助かるわ~。
心配ごとがあったら気兼ねなく病院に行けます。

かかりつけの医院は普通の内科も診てくれるので、ついでに添い寝で風邪をもらってしまったぽい私も診てもらったら「あーあ、お母さんの方がひどいな、のど腫れてるよ」だって。

娘ちゃんの鼻水と痰が切れやすくなるシロップと、私の喉と鼻水の薬をもらって帰ってきた。
娘ちゃんは1回薬を飲んだだけでけっこう呼吸が楽になったみたい。
鼻水吸い器も買ってみたけどまだ使ってない。どうなるんだろ、ドキドキ。
次の予防接種の予定が狂いそうなので早めに治ってほしい~。


良いことも悪いことも何もかもが「生まれて初めて」です。
これからもいろんな初めてがあるんだろうなあ。

本人よりも初心者マークの親がドキドキです。
[PR]
by yukiya-13 | 2011-09-26 21:35 | こどもとわたし

ローリングベイビー(うんち付)

4か月過ぎから早くも寝返りをマスターした我が娘。
ころんころんと転がっては戻れずにグズる、という運動を飽きもせずにせっせと繰り返しております。

自力で動ける楽しさからか、おむつを替えるときにも体をひねらせ回転しようとするので油断できない。

先日もプリプリと盛大にうんちを出したので、ずっしりおむつを取り上げよう広げた矢先にクリンとローリング!
そういう時に限ってうんちはゆるめでお尻全体ぺったりとついていたりするし、
そういう時に限っていつにも増して回転の速度がスムーズで速かったりするんだ!
そしてよりによって私の布団の上で交換してたりするんだ!ガッデム!

ガッ!と回転に負けぬ高速でベビ子の両足を左手ひとつでつかみ布団を汚さぬよう浮かせる!
なおも激しく抵抗しローリングしようとするわが子。
右手で汚れたおむつを取り払う私!
右足でサラのおむつ布を取り出し、ベビ子の尻の下に滑り込ませる!
おむつ布は汚れたけど布団はセーフ!

思わず出た「わああ!おいおいおいおいおーい!」という私の大声にビビり、泣き出すわが子。
あやしつつお尻を拭いておむつをかけてあげるが、母の驚きと怒りの大声に抗議にビービー泣き。
「回りたかっただけなのにぃぃぃぃー!おっきい声出してー!もーイヤー!お詫びに抱っこしろー!!」って感じの。

ハイハイ、ごめんね、と抱っこしていたら、昨晩から気になっていた左目のゴミが涙とともにポロリと出てきた。
お!ラッキー!
ゴミだと思っていたのは娘の長ーいまつ毛3本。

うんちローリング騒動でやれやれ、と思っていたのに、気になっていた目のゴミが取れて気分がリセット。
汚れたおむつ洗いも軽快になった。

人生はマイナスもプラスもバランスよくできてるな、ってこんなことで思った一日。
というか、布団汚さずに済んだのでちょっとプラスか。笑

a0034014_121362.jpg

赤ちゃんのうつ伏せのおしりって可愛いんだよなあ
[PR]
by yukiya-13 | 2011-09-23 01:26 | こどもとわたし

ぼくのまちは ほうしゃのうで よごれているんだ

昨日の夕方ころ、もうお昼の営業も終えようかという時間に家族で来店されたお客様。
大人が3人と小さな男の子がふたり。

娘を抱っこしてそのお客様の席の近くを通ると、お兄ちゃんの方が人懐っこく話しかけてきた。

「赤ちゃん何さいなの?」
「0さい!?小さいね!ぼくは5さいだよ。弟は3さいだよ」
「ようちえんはひまわりぐみなんだ」
などなど…。

一緒にしばらくお話しているとおもむろにその男の子が言った。
おもわず息をのむ。


「ぼくね、福島から来たんだよ」
「ぼくの町はね、ほうしゃのうでよごれているんだよ」


…。
そうかぁ。よごれちゃったのかぁ。
それはたいへんだね。困ったね。
むずかしい言葉知ってるねえ。と話を合わせる。


多分、意味はよくわからずに毎日のニュースや大人たちが話すことをきいて覚えたんだと思う。
満面の笑顔でそんなこというから、ますます哀しい。

お父さんらしき人がうちの娘を話題にしてくれたり、お店の展示物の質問してくれたりして
話を変えてくれようとするも5歳のぼくはお構いなし。

ニコニコしながら
「ほうしゃのうがいっぱいくるんだよ!」
「ぼくの町はほうしゃのうであぶないんだい!」と教えてくれる。

私と一緒に来ていた大人3人は苦笑い。
ちょっと重くて切ない空気。


私が5つの時、「放射能」なんて言葉、知らなかったよ。涙


これからの子供たちは当たり前のようにそうやって育っていくんだな…。
放射能汚染なんか怖くない、美しき日本を知らずに。
国産の食料品だったら意識もしないで安心して口に入れられる日常も。


大人たちはとてつもない、取り返しのつかないことをやらかしてしまったんじゃないか、っていう気持ちになった。
自分が生きてる間にさえ決着付けられないものに頼っていこうとしてたなんて、と。
大きな大きな事故で初めて気がついた。
事故が起こらなかったらこれからも気づかずにいたかもしれない。
子供がいなかったらあんまり意識しなかったことかもしれない。
地震があって、原発がぶっ壊れて、子供が生まれて、子供が生きていくこれからを思って…。
私の価値観とか考えもぐるんぐるん変化した6か月。

昨日の5歳のぼくに出会って改めていろいろ思ったのでした。
[PR]
by yukiya-13 | 2011-09-12 23:35 | 日常日記★ユキ印

銀のエンゼル1枚と交換

先日、東京に住む埼玉出身の友人と山形駅でお茶をした。
森永のチョコボールの黄色のクチバシについている銀のエンゼルをプレゼントするためだ。
その友人は仙台での結婚式に出席した後、蔵王で大根を抜いてからやって来るという。

なぜ結婚式の後に大根を抜いているのか?
なぜ銀のエンゼルを渡すことになったのか?
疑問は多々あるだろうが、とにかくいろいろあってそういうことになったのだ。
説明すると長いし、なんで大根を抜いていたのかは私も知らない。
どうしても詳しく知りたい方は「私的標本」をくまなく読んでみて欲しい。


駅の改札前で待ち合わせ。
ほどなくして大根を抜いていた友人と久々の再会。
手には結婚式の引き出物とおぼしき大きな手提げ…と思いきや、新聞紙にくるまれた立派な大根。
改札前で立派な大根を手渡される。
抜き立てを分けてくれると言う。

お、重い。

小わきに抱えると、友人は楽しそうに私のその姿をパチリパチリとデジカメに収めていくではないか。
「うわ〜!似合うねえ!大根!」
自分が渡したくせに、駅と大根と私のミスマッチな画を楽しんでいる。

イヤなカメラマンだ。

駅の改札で、人波の中で立派な大根(2本)を抱える女子。それを激写する男子。
おかしな世の中だ。

しばらく立ち話をし、こんなところではなんなのでと駅中のファミレスに入る。
こんなところでは、と移動したにも関わらず、大根は圧倒的な存在感を持っており、改札前と変わらずファミレスの中でもものすごく異彩を放っている。
この大根を抱えている限り、もっと農村部へと向かわなければ「こんなところ」である状況は打開できそうにない。

それならば大根をナチュラルに風景に溶け込ませて取り扱ってみようか。
重さを感じさせないようにスマートに小脇に抱えて入店し、流れるような動作で椅子の背もたれと腰の間に挟みこんで着席。
葉っぱが折れないようにふぁっさ〜っと真直ぐに整える。店員に笑顔をふりまく。

それはまるで、モテ女子がブランド小バックをチョコンとオシリのところにおいて食事するようなエレガントさ。
店員も周りの人も「まさか大根じゃないよな、ハハッ」って思ったはずだ。

大根をエレガントに隠し、銀のエンゼルをプレゼントし、お茶飲んでおしゃべり。
エンゼルはぜひとも5枚集めておもちゃの缶詰めをゲットして欲しい。
集められないけど捨てられない銀のエンゼルをお持ちの方がいたらぜひご協力を。
あと3枚でもらえるはず。

新幹線の時間までおしゃべりして改札で見送る。
見送る時も大根はあくまで小道具のようにさりげなく。

家に帰り大根の調理方法を考える。
ファミレスで「採れたての丸かじりがとてもおいしかった」と熱弁していたのを思い出し、同じようにやってみる。
おいしいけどやっぱ辛い。
せっかくなので丸かじり実践したよ!と、アゴが外れんばかりに大口を開けて大根にかじりついている姿を激写し携帯で新幹線の中の友人に送信。
「男前!」と返信。

ブログにも載せようと思ったが、どんな風に加工してもとてもお見せできる写真にならなかったので割愛。
標本さん、かじってる写真だけはどうか何にも載せないでいただきたい。

3口ほど生でかじり、残りはおいしく調理していただきました。
ごちそうさま!!
どうやってもばあちゃん家みたいになってしまう。我が家の食卓はこちら↓

■とり肉とゆでたまごと大根をお酢でサッパリ煮込み。
a0034014_18232320.jpg



■王道おでん&さんまにおろしで。
a0034014_18375236.jpga0034014_18435713.jpg














■きのことひき肉のあんかけ大根。
a0034014_18383982.jpg



■ダシでゆでた大根に柚子胡椒、ネギ味噌を塗って。
a0034014_1839976.jpga0034014_18391960.jpg











■葉っぱも油揚げと炒め煮に。
a0034014_18393896.jpg

[PR]
by yukiya-13 | 2006-10-08 18:41 | 家ごはん

バレー大会とフリマ

今日は山形市の社会保険事務所主催のソフトバレー大会に出場した。
どろんこバレーの仲間たちと陸にあがって大会に臨むのだ。
遅刻して会場へ到着。
後輩からのメールや電話を気にしつつものんびりと重役出勤。

この大会は職場のコミュニケーション強化を図ったり、よその会社さまとちょっと交流しちゃったりするのが目的らしいのだが、そもそもコミュニケーションとれていない人なんかと一緒にバレー大会に申し込んだりするだろうか。

今回の大会は1リーグ5チームで総当りなのだが、4リーグある中、私たちのリーグはなんでか医療関係チームが多い。その数3/5チーム。うちは食品関係、もうひとつはパナ○ニック。よそのチームとの交流も難しい。
怪我でもして応急処置でも施してもらうようなハプニングがあれば交流は推進されそうだが。
この大会の存在意義は大丈夫だろうか。

さて、
1回戦は昨年も対戦した強豪チーム。
昨年優勝したそのチームになんと善戦する我がチーム。強豪に立ち向かうその姿に他のチームの人たちからも声援を受ける。
しかし大量リードしていたものの、マッチポイントからデュース持ち込まれ結局敗戦。
マッチポイントからの逆転負けは、先月のどろんこバレーの戦績から3試合連続のこと。
詰めが甘い。
精神力のトレーニングもしないといけないのかもしれない。座禅でもするか。
初戦で力を出し切ってしまった我がチーム、2回戦以降目に見えてグダグダ。持久力もない。
去年もこんな感じだったなあ。
結局、1勝3敗という惨敗。参加賞のファミリーフレッシュをいただく。ちょっと嬉しい。
a0034014_22375243.jpga0034014_2238249.jpg











私は3試合目が終わったところで早引けさせてもらい、駅西口へ。ぞうさんフリーマーケットに顔を出す。山形にはゴールデンウィーク期間中に県内最大規模のマンモスフリーマーケットという催しがあるのだが、その規模と比較すると、なるほど「そうさん」って感じのアットホームなサイズ。
ここではDJブースを設けて、開催時間中音楽を流している。かなり自由な感じの選曲。
地元のRISEのマスターが出店していたので、そこのお店にお邪魔しておもちゃを眺めつつ、タコライスなどほおばる。楽しい。

しかしまあ今日は暑い。
残暑厳しい日中&夕方からの突然の雨。暑さと雨のせいかお客さんの足も遠のいているようで、過酷な野外の状況に見合う対価が得られたのかは微妙なところ。でも楽しそうだなあ。

大雨の中、慌しく店じまいをし一旦家に戻る。身なりを整え、本日のDJさんらと飲み会へ。男性3名の飲み会にご一緒したのだが、このメンバーの飲むこと。飲むこと。「明日は月曜」なんていうストッパーはついていないご様子。だって、明日6時から仕事だ〜とか言いながら飲んでんたもん。
1ℓチューハイなんていうものを2杯も飲んだり、日本酒のオンパレードだったり。
私はウーロン茶を腹いっぱいいただいた。チャポチャポ。

朝から活動していたので、なんだか1日長い感じ。楽しかった。
来月のぞうさんフリーマーケットはみちのくプロレスがやってくるらしい。
また行ってみようかな。お近くの方はぜひ。
a0034014_22383596.jpga0034014_22384555.jpg
[PR]
by yukiya-13 | 2006-09-17 22:39 | 日常日記★ユキ印

DIVE

a0034014_18201036.jpg

惨状。
泥棒に入られた。さっきようやく事情聴取終了。
警察から事情聴取を受けるのは、学生時代のアパートで強盗殺人事件が起きた時、クレジットカード詐欺団が盗難したカードの束を発見してしまった時以来3回目。
刑事さんの名刺が増えていくなあ。

というのはウソだ。
でも強盗殺人と詐欺団の話はホントだ。
ああヤダヤダ。平和に穏便に暮らしたいのに。

ビックリした?ビックリしたって言って欲しいのだ。

さて、
昨日は遅くまでサッカーを観てしまったので、ゆっくりと9時頃起床し、洗濯、掃除などをしてのんびり過ごした。
今日は天気も悪く無いのでベッドカバーを洗濯しようとカバーをマットから外す。
ついでに定期的に行っているマットの向き替えもやることに。
スプリングマットは年中同じ方向で使っていると、バネの弱る場所が集中してしまうし、湿気もたまりやすいのでたまに前後、裏表を変えるようにしている。

私が使用しているベッドは無印のポケットコイルスプリングマットのセミダブル。コイルひとつひとつが不織布でくるまれそれが750個以上並んでいる代物だ。コイルがひとつひとつが独立して点で支えてくれるので、身体の形にそって沈み込むのでとても調子が良い。
でも、重たいのだ。コイルが多い分。しかもセミダブル。重いのだ。
でも、定期的に向きは変えたいし。シーツも交換したいし。

いつものように気合いを入れて、約30キロのマットレスと格闘。
少しづつ持ち上げてずらしながら回転させる。そしてマットの下に体を入れ、裏返し…。
と思った瞬間、バランスが崩れた。

30キロのヌリカベ状のあいつがゆら〜っと私に被いかぶさる。

イヤ〜〜〜〜!!

a0034014_18372684.jpg避けられるはずもなく。
ベットの木枠に阻まれ逃げ場もなく。

そのままマットに押しつぶされるように、ベッド脇の棚の上へダイブ。

スローモーションだった。
出〜会いは〜スローモーショ〜ン。

膝を打ち、脇腹を棚の角に打ち付け、二の腕が挟まる。倒れた足の上にマットと本が降ってくる。
棚の上の小物が散乱する。

痛い。
痛いよう。

幸いアザと擦り剥け程度で、壊れた物もなく良かったのだが、こういう時に一人暮らしってツライ。
a0034014_18383466.jpga0034014_18385581.jpg











マットの重さが辛いんじゃない。まあ確かに重くて辛いけど。
傷が痛いんじゃない。まあ確かに痛いけど。

辛いのは、こんな必死で滑稽なことを誰にも見られることなくひっそりと執り行ってしまい、誰にも突っ込まれず、もちろん差し伸べられる手もなく、キャーとか声を出すわけでもなく、ベッドと棚に挟まれた隙間からのっそり起き上がり、「痛いよう…」などと静かに独りうめいた後は、淡々と散らかった物を棚に戻すこの時間。
大げさに泣いても誰も片付けてくれる訳でもなく。なぐさめてくれる訳でもなく。痛みがなくなる訳でもなく…。

そして、わざわざそんなことを文字に起こしたり、デジカメで写真撮ったりして全世界に向けて発信してみたりするのだよ。
ネタになった…とか思いつつ。
一人暮らしってかわいそうだなあ…。
痛いよう…。

大変だったね、痛そうだね、って言って欲しいんです。
えぇ、言って欲しいんですとも!

いろんな意味でイタイよう…。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-06-10 18:41 | 日常日記★ユキ印

ネギの青い部分

白髪ネギを作るために購入した長ネギ。青い部分が残ってしまった。
残った部分を有効活用したら、おいしくて、掃除もはかどって、ピアスも見つかるという話。

ネギはそもそもそんなに好きではないので、青い部分をどうしようかとちょっと迷う。
捨ててもいいけど、少しもったいない。
なんとか使おうと思い、豚モツを煮込むのに使うことにした。

ネギのいらない部分を使いたいがために、豚モツ、しょうが、ニンニク、大根、ごぼう、豆腐、こんにゃくを新たに購入する。

本末転倒な気がしないでもないが、青い部分で何か煮込む、という行為はなんだかそれだけですごくおいしそうじゃないですか。

a0034014_21102568.jpg豚モツ、ネギ、しょうが、ニンニクを入れグツグツと煮込む。
煮込む間にようやくコタツをはずし、コタツ布団を抱えてコインランドリーへ。
洗濯をセットし、家に戻る。
コインランドリーは歩いて30秒ほどの所にあるのでとても便利だ。

煮込んでいる鍋の様子を見ながらコタツ周辺の掃除をする。
一冬越したコタツの下からはなくしたと思っていたピアスが発掘された。
コタツを片付けると部屋が広くなった気がしてちょっと嬉しい。

洗濯終了時刻を見計らって、コインランドリーへ行き、乾燥機をセット。
またまた戻って煮込みの様子を見る。

ネギはしんなりし、ゆで汁も白濁している。
ゆで汁を捨て、ネギ、しょうがを取り出す。
軽く水洗いし、再度ゆでる。

モツは何度も煮直すと柔らかく、臭みもなくなるらしいのだが、最近スーパーで売っているものはそんなに臭くないので、2回でOK。
切った材料を入れて、酒、しょうゆを入れて煮込む。

コインランドリーから乾燥したコタツ布団を回収してくる。
たたんでクローゼットへ。

その間も煮込む、煮込む、煮込む。

CDをかけて歌う。
その間も煮込む。
ちょっと踊る。
その間も煮込む。
お風呂に入る。ストレッチをする。髪を乾かす。
その間も煮込む、煮込む、煮込む。

グツグツ。
最後に味噌で味を調整。
その後もちょっと煮込む。

煮込みは冷める時に味が染み込んでいくと聞いたので、今日は食べずに寝かすことに。

a0034014_21172886.jpg翌日の夕ご飯でお酒と共にいただく。
ああ!うま〜い!!
ネギが捨てたくなかっただけなのだが、とてもおいしいモツ煮込みができた。
コタツも片付いた。ピアスも見つかった。

一晩では食べ切れなかったので翌日のお昼も食べる。
カリカリに焼いたジャコと水菜と大根のサラダ、豆腐入り煎りたまごと共に。
居酒屋のようなメニューでランチ。

翌日のランチまで間に合った。すごいぞ、ネギの青い部分。
a0034014_21234174.jpg

[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-21 21:24 | 家ごはん

家内制手工業

最近ブコウスキーさんに教えてもらったラムライダーのPORTABLE DISCOを聴きながら無心に3センチほどの円形の図柄を切りまくる。
ラムライダー、すごく好み。楽しい。

円形の図柄は仕事の合間を縫って、ちょっとづつプリントしておいたもの。
リズムに乗ってチョキチョキチョキチョキチョキ。
a0034014_0482067.jpg円形に切ったものをCanバッチgood Superにセットし、6才の女児よろしく、ウキウキとバッチを製作中。
けっこうたのしいのだが、続けて制作していると、大人の私でも結構な筋肉痛。
ぐりぐりと頭のハンドルを回して缶に図柄とフィルムをねじ込むのがなかなか大変なのだ。
もっと簡単にプレスする方法はなかったのか、バンダイさんよ。

a0034014_0541844.jpg
地味にコツコツ作ったバッチは近日お目見えする予定。
見たい人、欲しい人は山形県の置賜地方まで取りにきてください。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-21 00:56 | 図画工作

「ラジカセ」って最近聞かないね

坂本冬美と川中美幸をBGMに夕ご飯を作る。
夜桜お七とか二輪草とか私でも聴いたことのあるメロディが流れてくる。
包丁をもつ手に思わず、グッと力が入る・・・。
なんてことは別にない。

先日の母の日にカセットデッキを贈った。「ラジカセ」ですよ。久しぶりに聞いたし、口にしたよ。

「ラジカセ」。

妹が贈ろうとしていたものに半分お金出して便乗しただけなのだが、小ぶりでラジオも聞けるカセットデッキを所望していた母はけっこう喜んでくれた。
このデジタル全盛期、ハードに曲を入れて持ち出せる時代になにゆえカセットテープか!と思ったりもするのだが、超がつくほどの機械音痴、そして還暦を間近にひかえたご婦人様にはCDすらも敷居の高い話らしく。
昔から使い慣れたカセットじゃないとダメなんだそうだ。ボタンもピ!と触れるだけで操作できるようなものではダメで、ガチャリ!と力を込めて押し込んだ感のあるものでないとダメらしい。
ほぼお望みどおりの品物をプレゼントすることはできたのだが、カセットテープがなかなか売っていない。たまに置いてあっても本人が歌っていないものだったり。
というわけで、とりあえずハードはラジオとして使ってもらい、私がレンタルしたものをダビングしてあげることにしたのだ。

私は今CD、MD、カセットのトリプルコンポを使っているのだが、正直カセット機能はいらないな、と思っていた。実際使ってないし。
デザインが良かったから買ったものだったのだが、機能が役に立ってよかった。

そんなわけで、母のリクエストの坂本冬美と川中美幸をダビングしながらの夕ご飯の準備とあいなった。
カセットテープを扱うのがあまりに久しぶりすぎてなんだかちょっと感動的。
CDの曲をA面とB面に切れないように振り分ける計算をしたり、テープの頭の透明な無録音部分に曲が掛からないようにしたり。
ああ、懐かしい。この感じ。
ちゃんと録音できたかチェックすると、やっぱり頭だしは音が揺れている。
これまた懐かしい。
録り直すと全曲やりなおしなのでそのままにしちゃう。
徐々にフェードインし音が乗ってくる感じは演歌にはけっこう合ってる気がするし。

冬美、美幸に加えて綾小路きみまろの漫談もプレゼントしようかと準備中。
喜んでもらえるといいなあ。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-18 15:04 | 日常日記★ユキ印

夏気配を感じる

a0034014_130881.jpg


19時に仕事を終えて車に乗り込んだら
まだまだ明るいことにふと気がつく。

夜の濃紺を
西の空が赤く燃やして
混ざり切れずに紫に暮れている空は
ちょっと胸騒ぎがするようで
無気味なのに
吸い込まれるようにきれい。

夏は近づいているのだな、と気づく。


アパート前の駐車場に車を停める。
カーステレオの音楽が切れて
聞こえてきたのは
カエルの大合唱。
水を張られ田植えを待っている田んぼから

一斉に鳴いて
一斉に鳴き止んで

夏は近づいているのだなあ。


店先に積まれた花火セット。
虫とり網。
蚊取り線香。
日焼け止め。
エイトフォー。

夏気配を感じるこの頃。


ようやく去年の花火に点火できる季節が近づいてきた。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-16 01:50 | 日常日記★ユキ印