タグ:イベント ( 27 ) タグの人気記事

TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-2013.07.20

山形市のムービーオンまでライブシネマ観に行って来ました。
家族に娘ちゃんを託し、いざ山形へ。
ドライビングミュージックは[TIME CAPSULE all the singles ]にしました。

開演15分前に入場。
指定席は劇場中段で大変見やすい良席でした。
通路を挟んでお隣には50~60代のご夫婦。
旦那さんは会社の部長さんですか、というような眼鏡紳士。
意外!と思ったけどTMの3人が55歳くらいなんで同世代のファンと思えばおかしくないのか。
あの三人が若過ぎる。

開演時間が迫り、最終的には30人くらいの観客。
一人で来ている方も多かったです。


ほぼ時間通りに埼玉の会場がスクリーンに映し出されました。
わあ!なにこのセット!
一目見ただけでただのロックライブと違うっぽい、とわかる作り。
木が…木が生い茂ってます。

「この演劇セットぽい感じ…。今回はCAROLぽいやつなのかも…」などと想像しているうちに、照明が落ち、音が鳴りはじめました。


セットを見た第一印象通り、通常のいわゆるコンサートとは違いました。
CAROLぽい(と一概に言ってしまうと語弊もあるかもしれませんが)壮大なコンセプト、ストーリーがあってそれに沿って芝居、ミュージカルみたいな要素を含みつつ進行します。
CAROLの時は小説も発表されていたので、ストーリーがなんとなく見えていたと思うのですが、今回ははっきり言って???と思うところ多数。

最終的にツアーパンフを終演後に読むことでいろいろ補完されるみたいだったのですが、パンフ手に入らなかったので今もなお???があるんですけど、あちこちのレポートなどよんでほほう!と思っているところです。(でもまだよくわかんないとこもある)

ちなみにパンフは映画館でも売っていたんですが売切れてました。
埼玉限定だと思っていたCDも売っていてこちらはゲット!
CDは1000円で内容は
1:green days 2013
2:I am 2013
3:I am tk EDM mix
4:green days 2013instl
の4曲。
green daysは2004年に歌われたのをYou Tubeで聴いていて、そんなに好みの曲じゃないなと思ってたんですけどアレンジ変わって好きな感じでした。
さらにI amのアレンジがすごく良くて、せっかく限定の買えるし買っとくか、という気持ちで購入したからすごく得した気分になりました。買えて良かった!!


話しを戻します。
当日はさっぱり前情報なかったので、冒頭からの外国人俳優と木根さんの小芝居に見つめる全FANKSが( ゜Д゜)という顔して地蔵になっていました。

往年のFANKSには「このじらされ感!これこそがTM!」という期待に震えていた人もいるかもしれません。笑
そして期待を裏切らない中盤のCAROLな時間!
ぽいとかじゃなくCAROLですもん。tk-trapのCAROLがまさかのここで!
見ず知らずの外人さんたちが声高らかに繰り広げる数分間!
ウツ歌わないんですか!ってか木根さんもいないじゃないですか!
再び全FANKSが( ゜Д゜)ポカーン。

あと、ギターでおなじみの葛Gこと葛城哲哉さんが登場したのも驚き。
今回はサポートしないという事前情報だったので登場した時には埼玉の会場では歓声が、映画館もざわめきました。

シネマライブって動いたりするのか、じっと静かに観るのか、初めてだったので様子をうかがっていたんですけど、みんな静かに鑑賞するんですね。
時々若い女性グループがキャッキャッしてましたが、概ね静かでした。葛G登場時と埼玉の会場でウツに熱い声援を送り続ける男性の声が良く通った瞬間、温かい笑いに包まれた時くらい。
ちなみに「ウツー!ウツー!」「おかえりぃー!」って言ってました。よく通る声!笑

私はノリのいい曲の時に体揺すってたんですけど、そんな感じの人も数人でした。
本来なら現場で跳ねたり手を振ったり、「てっちゃぁぁぁぁん!」とか言いたいところですけど、今回はストーリー仕立ての所が随所にあって、むしろ映画館で座って、表情まで見らえて良かったかもしれないです。

しかし、アップも捉える大画面は時に残酷なもので、ウツの痩せた感じ、顔とか首のしわとかもはっきり見えてしまって、出てきた時は「うわ!痩せてる!」ってちょっとショックでした。
歌いだすと見た目より声は力強くてホッとしました。でも腹筋がまだ万全ではないんでしょうか、低音がちょっと切なそうでした。
病み上がり感は隠せないものの、時折見せる茶目っ気たっぷりのしぐさは変わりなく、20歳も年下の私ですら「か、かわいい…!」とハート打ち抜かれそうなキュートさ。
なんなの、このおじさん!こんなに愛くるしい仕草をする55歳見たことない!


ウツの負担軽減のためかもともとのプログラムなのかはわかりませんが、木根さんはギター、コーラスさらに演技、ハープと役割いっぱい、小室先生は冒頭からラストまで出ずっぱりでした。
小室先生はシンセブースに入って行ってからというもの、完全に音響職人。
客席みてニコとか一切しないこの感じ!久しぶり!


全体を通して、ウツの体調を考慮して歌唱自体を無くしたり、ショートバージョンになってたり、いろいろと構成しなおしたであろうと想像される部分が多くあり、万全であったらここも歌ったのかな?と想像すると少し残念な気もしましたが、その分存分にTKのニューアレンジの演奏が多かったので私は良かったです。

MCもアンコールもなし。
初期TMNetworkではしばらくこのスタイルでした。
私は当時小~中学生なので実際のライブには行ったことないのですが、好きであれこれ調べていたら当然そういうスタイルだったということは知っています。

公演の最後にはライブシネマも含め「ショー」であったことを意識してかエンドロールが流れ、そして[This is TMNETWORK]の文字。

当時からのFANKSはもちろん、私のように後学でそれを知っているFANKSたちは This is TMNETWORK をにやにやしながら見つめ文句言わずに席を立ったんでしょうね。

ツイッターで『アンコールを要求しない、よく訓練されたTMのFANKS』という内容の投稿を目にしたのですが、まさに!と思いました。

This is TMNETWORK、最後のこの一言ですべて。


小さい子持ちではこんな機会は非常に貴重ですし、演者の方も病気したり、年齢も重ねて来ていて、これから何回ライブが観れるのか(演れるのか)っていう現実的な問題があるので今回シネマとはいえ観れてホントに良かった。

送り出してくれた家族に感謝です。
ダンナさまへ。また行きたいです。



セットリスト
・Opening
木根さんと外人の小芝居にとまどいの気持ちを隠せません。

・Children of the New Century
聴き覚えのあるフレーズに、おお!きたきた!と観客の顔にも生気が戻ります。

・IGNITION, SEQUENCE, START
Major Turn-Round から曲が入ると想像していなかったのでちょっと驚き。

・TK Solo
かっこいい!

・BEYOND THE TIME
やっとウツ登場!20分待ったウツファン発狂!

・human system
いーんざ・ひゅーまん・しーす・てむ!って心の中で会場の皆さんと歌いました。

・Here,There & Everywhere
年月を経てもあらためてやっぱりいい曲と思いました。

・Green days 2013
YouTubeでしか聴いたことがなかった曲、そんなに好みの楽曲ではないと思っていたのですが、アレンジが変わった今回のは「お、けっこういい!」と思いました。

・CAROL組曲
tk-trapの英語バージョンCAROL。まさかここでtk-trap聴くと思いませんでした!
誰だかわからない外国人俳優さんが高らかに歌い続けます。(実際はマイク見えなかったので別録の歌に口パクと思います)
スクリーンに映る観客も映画館の観客も完全にまた( ゜Д゜) 地蔵です。
そして意外に長い!笑

・Just One Victory
じゃす・わん・びくとぅりーなーぁう!って心の中で会場の皆さんと歌いました。

・一途な恋
ライブじゃ不可能との話題の一曲。短めでしたが聴けて嬉しい。

・DIVE INTO YOUR BODY
・COME ON EVERYBODY
・Come on Let's Dance
ノリの良い曲が続きます。どれもアレンジされて短めだったような。

・Be Together
ウツと木根さんの息のあったクルリ!が観れて最高。

・GET WILD
なんだかんだ言っても盛り上がります。げ・わい・えん・たふ!

・Dawn Valley
和やかだった演劇の場面がなんだか銃撃爆発などの荒々しいシーンに。

・RESISTANCE(7/20) / I am(7/21)
CDのI amアレンジ良かったので個人的にはI amの方聴きたかったかな…。
両日で違いはこの曲だけだったようなので。

・Love Train
電車風のタイムマシンに乗り込んでゆきます。

・Ending(Fool On The Planet)
イントロの繰り返し。
大好きな歌なので歌ってエンディングにならないかと期待しましたが歌はなし。
[PR]
by yukiya-13 | 2013-07-27 23:47 | 音楽イベント

アンパンマンと握手!

先日JA共済主催の「アンパンマン交通安全キャラバン」に2歳の娘ちゃんと行って来ました。

http://jakyosaiyamagata.jp/social_contribution/003/index.html

午前11時・午後2時の二回公演だったのですが、午前中はやっぱり人気だったみたいで、チケットを申し込んだときにはすでに残りわずかでした。
だって、アンパンマン世代っこは午後からお昼寝だもんなー。

公式発表では午前中は約900人が集まった模様!
私の町でこんな規模のイベントはそうはないです。

アンパンマンパワー恐るべし!


開場は1時間前より。
待ち時間が長いと子供がぐずりそうだし、かといって遅くなってあんまり後ろなのもかわいそうだし…。
多くの親御さんがそんなことを考えつつ、時計とにらめっこしつつ家を出たのでは。

我が家は30分前着を目標に会場へ。
すでにたくさんの人が集まり始めていました。

体育館の前には大きなキャラクターの描かれたキャラバントラック!
入り口にはお出迎えのアンパンマン人形!
奇声をあげ猛然と走り出す娘ちゃん!

周囲を見ればキャラクターの衣服に身を包み興奮気味の子供たち!
子供の写真を撮りまくる大人たち!
ぬいぐるみやおもちゃなどのグッズを持参するファミリー!

子供を授かってからというものライブやイベントからは足がが遠のいていたのですが、
忘れてかけていたライブ会場、ファンたちのの熱い空気がそこにありました。
すごいぞ!アンパンマン!

むすめちゃんも入場前にパチリ。
なんだか初めての雰囲気にちょっと緊張し始めた様子。

a0034014_1365542.jpg


a0034014_1371452.jpg


入り口でオリジナルペンケースをもらい中へ。
前から3列目ほどのかなり良い場所に座ることができました。

ここから約20分。
会場は次第にお客さんが増え、娘ちゃんも状況がわからずドキドキ。私にしがみつきながら開園を待ちました。


お偉いさんの挨拶が終わり、黄色いニーハイのハイテンションなおねえさんが飛び出してきました。
おねえさんはいろんな注意事項を説明します。

「会場内でのぉ、ムービーの、撮影は禁止となっておりまぁす!」
幾度となく「ムービー」を強調しての撮影禁止アナウンス。

こ、これは!「静止画像ならまあいいけど、あえてOKとはいわないわ、わかるでしょう?大人たち!」
という日本人ならではの婉曲表現ですよね!?おねえさぁぁぁん!

そうこうしているうちにとうとう開演!
ちびっこたちがおねえさんの合図に合わせて叫びます。
「アンパンマーンっ!」
あれれ?声がちいさいぞっ!もっともっと元気出さなきゃ!なんてそそのかされて素直に応じる子供たちよ!
「アァァンパァァンマァァン!」

ついに娘の憧れのヒーローが目の前に!
キャー!とか言うかと思いきや、ガン見で動きませんでした。笑

歌やダンス、アンパンマンVSバイキンマンのやりとりを交えて交通ルールを教えてくれる憧れの仲間たち。
娘も集中して見ています。

そしてお約束、アンパンマンのピンチには正義のちびっこのアンパンマンコール!

a0034014_1385620.jpg
なに、この、一体感!

盛りだくさんの内容を堪能、最後にはなんと握手会まで!
出演のヒーローたち全員と握手できるのです。
行列に並んで大きな手と握手。

どこの家族もなんとか愛息、愛娘とヒーローとのショットを!とカメラを構え頑張るのですが、
無常なスタッフに「止まらないでー流れてー!子供さんは手を出して準備して列から遅れないようにー!」と
ベルトコンベアーのように後ろから優しく前進を促されます。

もうちょっと顔を見て心を込めて握手したいぜ!と母は思いました。
アイドルの握手会の気持ちってこんな感じかしら!

a0034014_140912.jpg
キ、キター!

帰りの車、少々疲れた様子の娘ちゃん。
公演中も終始真剣な顔だったので、「つまんなかったかな?」と心配したのですが
「アンパンマンどうだった?」と聞いてみると、噛みしめるように「アンパンマン楽しかったねえ!」「お手てぎゅーしたもんねえ!」と嬉しそうだったので何よりでした。

山形ではこれからあと2公演あるみたいなのでお近くの方はぜひ?
無料ですよ~。(JAでチケットを取る必要があります)
[PR]
by yukiya-13 | 2013-06-06 01:42 | こどもとわたし

10月14日 プラザまつり

いつも遊びに行っているふれあいプラザという施設で地区の文化祭的なお祭りがあったので姉と姪っ子と娘ちゃんと行ってきました。
お抹茶いただける券をもらってたので行ってきたんですけども、子供連れではやっぱり難しく…。
作法的なことはガン無視で、お茶菓子を娘ちゃんとパクパクいただき、お抹茶も一気にグワーと飲み干してそそくさと出てきました。
雰囲気ぶち壊しちゃってすみませんでしたー!

そのあとは結局いつもの支援センターの広場で遊んで、姪っ子ちゃんと合流、働く車コーナーなどを眺め、救急車に乗せてもらったりして楽しんできました。

お昼はお姉ちゃんおすすめの「オステリア・グラート」というカジュアルイタリアンへ。
メニューがどれも魅力的で迷うなあ。
アボカドとえびのパスタ。うま!ランチセットでサラダとドリンク付き。お得!
娘ちゃんには500円のキッズプレートを。トマトとクリームが選べたのでクリームパスタをチョイス。
手づかみでむんずと食べておりました。
キッズというには本格的なメニュー&ボリューム!お残しを食べたらこっちもおいしかった。
でもだから痩せないんだと思う!

a0034014_23494534.jpg

「あか!でっかい!でぇぇぇっかい!」と興奮の娘ちゃん

a0034014_23501458.jpg

a0034014_23502987.jpg

おいしいパスタ。キッズプレートもなかなかのボリューム!
[PR]
by yukiya-13 | 2012-10-14 23:48 | 近出&ごはん

10月8日 高畠ワイナリー 収穫祭

昨日の友人たちとダンナさまは午前中、近隣の観光。お昼頃安久津で落ち合いしばし散策。
みなさんは当店でおそばを食べてもらって高畠ワイナリーへ。
収穫祭へと向かいます。
私らはお仕事が終わってからイベントも終盤のワイナリーへ向かい合流します。

最終日の夕方だしそろそろ空いてきてるかな?なんて思いきや、まだまだ大混雑。
オオトリのムッシュかまやつ待ちでしょうか。
先に来ていたみなさんが奇跡的に席をゲット、そこに混ぜてもらいました。
運転手なので飲めませんが、賑わいの雰囲気と出店のグルメでかなり楽しい気分になりました。

朝からワイン飲みっぱなしの人とか大丈夫なんだろうか、と思いましたが、やっぱりそれなりにつぶれている人もチラホラ。
トイレで娘ちゃんのおむつを替えていたら、続けざまに3人がふらふらと入ってきて隣で吐いていくという地獄絵図。
三人ともふらふらの泥酔ながら気力を振り絞って「赤ちゃんのとなりで、うぐっ、ごめんなさいっね…」って涙目ですみません、すみません、って吐いていくからみんな基本的にいい人なんだと思った。

天気もいいし、音楽気持ちいいし、そりゃ飲んじゃうよねー。
でもほどほどで大事だな、って泥のようになった女性三人見て思いました。
娘よ、あの御嬢さんたちのようにはなるんじゃないぞ…

a0034014_23344196.jpg

道の駅でボールすくいを。全然できないと思いながらもチャレンジさせてみたらすんごい上手いの!山盛りにすくえたけどもらえるのは4個。

a0034014_23363882.jpg
a0034014_23371372.jpg

a0034014_23374697.jpg

今年も来れたぞ。ワイナリー!
[PR]
by yukiya-13 | 2012-10-08 23:39 | 近出&ごはん

10月5日 芋煮会

ほぼ毎日遊びに行っている町の子育て支援センタ-主催の芋煮会へ。
近くの安久津八幡宮周辺の歴史公園を散策し、みんなで芋煮会です。
山形ではたいてい大きな公園や川原には芋煮会対応できるように水場や煮炊き場が整備されており、
ここもちゃんと東屋に炊事場が完備。
隣にはアスレチック公園、周囲は芝生の広大な広場、鴨やあひるの泳ぐ池、縄文時代の住居を再現したもの、安久津八幡神社、三重塔、道路向かいには道の駅、とのんびりアウトドアにはもってこいの場所です。

みんなで集合しお昼まで周辺を散策。
どんぐりが落ちていたり、小道脇の小川にはザリガニがいたり、子供にはたまらないフィールド。
大人ものんびりと子供のペースに合わせてお散歩します。

さて、芋煮会といえば、お昼に合わせて煮炊きするのもそのイベントの大きな要素なのですが、みんな子供連れだしどうやってやるのかな、ってちょっと思っていたんですけども。

散歩が終わるとなんとそこには完成した鍋が!

おお、なんて楽ちんなの!煮炊きしなくていいの?

「調理しなくていいんですねー!」って先生と話したら「たまにはお母さんも楽しないとね!」って言われて
ものすごくうれしかった!

お散歩が終わるころ雲行きが怪しくなり、考古学博物館内に移動。
そしたらバケツをひっくり返したような大雨!
先生方の適切な判断で誰も濡れることなく済みました。
芋煮は館内のホールで食べることに。
食べ終わる頃には雨も上がって帰りも濡れることはなく。ホントにタイミング良かったです。
作って食べるのも楽しいけど、これも楽ちんで楽しかった!
娘ちゃんもいただいた芋煮+おにぎり2個、りんご、梨をモリモリと食べておりました。

a0034014_2361857.jpg

とうたんへのおみやげにどんぐりやら小石やら拾います。

a0034014_238026.jpg

てとてとてと

a0034014_238345.jpg

ぐわっぐわっ

a0034014_239040.jpg

芋煮をもりもり食べます


[PR]
by yukiya-13 | 2012-10-05 23:11 | こどもとわたし

10月3日 子育て支援センターの運動会ごっこ

未就学児の施設の運動会に参加してきました。
1~3歳くらいのチビ子ばかりなので、玉入れもかけっこもボールリレーもなんとなくでしたが、みんな元気に外の芝生で走り回りました。
うちの娘ちゃんもヤイヤイ走るかと思いきや、大きいお友達の勢いに押され気味で呆然と立ち尽くすこと多し。
それでも最後に賞状とメダル、エビせんなどいただくとなんだか満足気でありました。

a0034014_22454482.jpg
a0034014_22451835.jpg

[PR]
by yukiya-13 | 2012-10-03 22:44 | こどもとわたし

ドリンクテーリング

a0034014_027817.jpg
山形市の歓楽街七日町のドリンクテーリングに初参加。
この催しは、前売3000円のチケットで加盟店5軒をハシゴできるというとっても素敵な企画。
ABCD4つにわけられたブロックから1店づつと指定店1店を回ることができる。
ワクワクしながら会場へ。
当日は生憎の雨。前売券を購入していなかったが、そんなに混み合うこともなかろうと余裕で受付会場へ向かう。






!!!
な、並んでる!
a0034014_0275466.jpga0034014_0283778.jpg












山形市で人ごみに出会えるのは花笠まつりと植木市だけかと思っていたのだが、テーリングもなかなかやるなあ。チケットがなくなるという事態だけは避けたかったので急いで当日券を買い求める。
なんとかゲット。当日券は3500円。それでも1軒700円で飲食できるのだ。
早さを競う大会ではないのだが、せっかくなので制限時間までに5軒全部回りたい。マップとお店のメニューが書かれた紙を手がかりに80店以上の加盟店からお店をチョイスしながら七日町を闊歩。同じようにマップ片手にうろうろする人たちとすれ違う。
楽しい!

なかなか1軒目を決められないのでとりあえずは指定店の「スペース天」というお店へ。
ビルの3階にある隠れ家的なオシャレダイニング。今日がなかったら絶対知り得なかった場所。
ここではシャンパンとガーリックトーストをいただく。
シャンパンでスタートとはなんともオシャレではないか。
初参加で1軒目でなので緊張しながら来店したのだと伝えると、店長も初参加なので緊張しています、とのこと。お店はできたばかりだそうでとてもキレイで、店長はじめスタッフも感じのいい人であった。
オシャレデートにでも使えばよいと思う。
緊張をシャンパンのほろ酔いで解いて、次のお店へと向かう。
a0034014_0304765.jpga0034014_031214.jpg













2軒目は「居酒屋あし野」というお店。
ここではおでんと焼酎をいただく。家庭的な雰囲気。煮物とか焼き魚とかおいしいんだろうなあ。生憎の雨と肌寒さはかえって温かい汁物をおいしくしてくれたように思う。
さらにイイ気分になり次の店へ。
a0034014_0314885.jpga0034014_032356.jpg













3軒目は「かや」という韓国料理店へ。
ここではサンギョプサルという豚バラの焼肉とキムチ。どうぞとは言われていないのだが、ついた席にすでにキムチが山盛りでおいてあったので、勝手にセルフキムチと判断し食べる。注意されなかったから多分合ってた。
キムチで口をなぐさめ待っていると香ばしい香りの豚バラが運ばれて来た。辛味噌をつけながら食べる。旨い。お酒に合う!合う!きっと白いご飯にもピッタリだと思う。
ペロリと平らげいざ次へ。
あちこち歩き回るせいかほろ酔いも最高潮。
小雨が降っていたのだが、もはや傘を開くのがめんどうになりそのまま歩く。
a0034014_0324860.jpga0034014_033971.jpg













4軒目は「きんぎょ」という居酒屋。
なんだかノスタルジックな店構え。どんなものかもわからず「金魚カクテル」を注文。運ばれて来たのは焼酎に大葉、鷹の爪が入ったもの。濃い!
でも見た目がほんとに水槽のなかの金魚みたいでかわいい。緑と赤のコントラスト、曇るガラスが良い雰囲気。
でも濃い!
浅漬けと魚卵の煮物をツマミにちびちび。
酔う!
a0034014_033479.jpga0034014_034297.jpg













ラストはゴール目の前のグランドホテル内の「三十三間堂」へ。
牛スジの煮込みをひとりづつ小鍋でグツグツと。煮込み大好きの私にはたまらんおいしさ。ハッフハッフしながらチュウハイでいただく。
あ〜満足。
a0034014_0344264.jpga0034014_035454.jpg













すべてのお店をクリアして、ゴール地点へ。
ここで抽選会に参加し全ての行程終了。
ほろ酔いの大人たちが列をなしてクジを引く。なんといってもイイ気分で酔って、さらに銀山温泉が当るのだから並びますわな。ドキドキ順番を待っていると、少し前に並んでいた人のところでカラン!カラン!と当選の鐘。

えー。テンション下がる〜。後はハズレだけかよう!

それでもクジを引き、参加賞的なものをいただく。
銀山温泉は当らなかったが十分楽しめた。

ちょっとづついろいろ楽しみたい!という欲求が満たされて満足。
食べながら次の店をあれこれと考える時間もまた楽しいし。
行きたい!と思ってお店に向かっても、同じテーリング族で満員だったりして、そこでまた次の手を考えるのも楽しい。
普通にまた行ってみたいお店もできたし、テーリングできなかった他の店にも興味津々。

来年もぜひとも参加したい。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-09-25 00:40 | 近出&ごはん

バレー大会とフリマ

今日は山形市の社会保険事務所主催のソフトバレー大会に出場した。
どろんこバレーの仲間たちと陸にあがって大会に臨むのだ。
遅刻して会場へ到着。
後輩からのメールや電話を気にしつつものんびりと重役出勤。

この大会は職場のコミュニケーション強化を図ったり、よその会社さまとちょっと交流しちゃったりするのが目的らしいのだが、そもそもコミュニケーションとれていない人なんかと一緒にバレー大会に申し込んだりするだろうか。

今回の大会は1リーグ5チームで総当りなのだが、4リーグある中、私たちのリーグはなんでか医療関係チームが多い。その数3/5チーム。うちは食品関係、もうひとつはパナ○ニック。よそのチームとの交流も難しい。
怪我でもして応急処置でも施してもらうようなハプニングがあれば交流は推進されそうだが。
この大会の存在意義は大丈夫だろうか。

さて、
1回戦は昨年も対戦した強豪チーム。
昨年優勝したそのチームになんと善戦する我がチーム。強豪に立ち向かうその姿に他のチームの人たちからも声援を受ける。
しかし大量リードしていたものの、マッチポイントからデュース持ち込まれ結局敗戦。
マッチポイントからの逆転負けは、先月のどろんこバレーの戦績から3試合連続のこと。
詰めが甘い。
精神力のトレーニングもしないといけないのかもしれない。座禅でもするか。
初戦で力を出し切ってしまった我がチーム、2回戦以降目に見えてグダグダ。持久力もない。
去年もこんな感じだったなあ。
結局、1勝3敗という惨敗。参加賞のファミリーフレッシュをいただく。ちょっと嬉しい。
a0034014_22375243.jpga0034014_2238249.jpg











私は3試合目が終わったところで早引けさせてもらい、駅西口へ。ぞうさんフリーマーケットに顔を出す。山形にはゴールデンウィーク期間中に県内最大規模のマンモスフリーマーケットという催しがあるのだが、その規模と比較すると、なるほど「そうさん」って感じのアットホームなサイズ。
ここではDJブースを設けて、開催時間中音楽を流している。かなり自由な感じの選曲。
地元のRISEのマスターが出店していたので、そこのお店にお邪魔しておもちゃを眺めつつ、タコライスなどほおばる。楽しい。

しかしまあ今日は暑い。
残暑厳しい日中&夕方からの突然の雨。暑さと雨のせいかお客さんの足も遠のいているようで、過酷な野外の状況に見合う対価が得られたのかは微妙なところ。でも楽しそうだなあ。

大雨の中、慌しく店じまいをし一旦家に戻る。身なりを整え、本日のDJさんらと飲み会へ。男性3名の飲み会にご一緒したのだが、このメンバーの飲むこと。飲むこと。「明日は月曜」なんていうストッパーはついていないご様子。だって、明日6時から仕事だ〜とか言いながら飲んでんたもん。
1ℓチューハイなんていうものを2杯も飲んだり、日本酒のオンパレードだったり。
私はウーロン茶を腹いっぱいいただいた。チャポチャポ。

朝から活動していたので、なんだか1日長い感じ。楽しかった。
来月のぞうさんフリーマーケットはみちのくプロレスがやってくるらしい。
また行ってみようかな。お近くの方はぜひ。
a0034014_22383596.jpga0034014_22384555.jpg
[PR]
by yukiya-13 | 2006-09-17 22:39 | 日常日記★ユキ印

どろんこバレー2006

どろんこバレーに出場し続けて早6回目。

去年、一昨年はいろいろな理由があって泥に入らなかったのだが、今年は20代最後の年ということもあるので、「30で泥定年」と自分の中で勝手に決意し、2年ぶりに泥にまみれることにした。
泥パックで艶々!なんてことは一切なく、終わった後は日焼けと乾燥でカサカサも甚だしい。田んぼの泥にまみれて、それを近くの川の濁り水で洗い流したりするのだからカサカサになるわな。
しかも泥の中は意外に小石や砂利が多くて、飛び込んだら膝のすりむけは必至。
あらゆる穴に泥が入り込み、爪の間もキッチキッチに茶色に染まる。
30代のお肌には辛い仕打ちなのだ。
天然の脂成分で水分がパッ!と弾け飛んだりしないのだ。

a0034014_22162979.jpg今年で最後。心に決めていざコートへ。
3つ並んだコートには様々な格好のプレイヤーがひしめく。
年々仮装大会化しているこの大会、仮装のパイオニアはなにを隠そううちのチームの課長さんだ。
37歳。今年もバッチリ塗れている。

コスプレして泥まみれ。それを激写するカメラ小僧。
泥を流すプレイヤー。それを激写するカメラ小僧。
びしょ濡れでコスチュームの仲の水着が透けるプレイヤー。それを激写するカメラ小僧。
メイドもいればふんどしもいる。女装、ナース、戦隊、ビキニ。かと思えば本気のバレーチームもいるし。

なんだかいろんな欲望を満たしてくれる集会だなあ。どろんこバレー。

肝心の結果はマッチポイントから逆転されるという、白熱!&詰めの甘い展開。
でも、天気も良く、ビールもおいしく、泥にもまみれられたし定年最後の年は充実して幕を閉じた。
来年は応援がんばろう。とか言って結局また出ちゃうかもしれない。
a0034014_2217284.jpg

[PR]
by yukiya-13 | 2006-09-17 22:17 | どろんこバレー

OCTPUS JAPAN002

a0034014_1571344.jpg


大好評のOCTPUS JAPAN001を受けて002開催決定!
受付するつもりが途中から踊ってた!というぐらい楽しいイベントをまたまた米沢のFROM DUSKで開催。
今回はチラシを作らせていただきましたよ!!

当日までに新作バッジも作る予定。
ぜひぜひ米沢まで遊びに来てねえ!

OCTOPUS JAPAN #002

2006.09.30(sat)open19:00〜
@FROMDUSK(山形県米沢市中央4-2-9) MAP
tel:0238(26)5865
door:\1800/1D
w/f:\1500/1D (フライヤー持参か「sckウェブを見た」でこの価格!)
*先着20名にmixCDプレゼント!

Guest DJ black jenny
Resident DJ Nonsence & Bukowski &egc
VJ Mr.KTR & tylux
Lighting BASE


※18歳未満の入場はお断りします。

[PR]
by yukiya-13 | 2006-09-10 01:58 | 音楽イベント