タグ:おでかけ ( 44 ) タグの人気記事

鬼首(赤鬼)

■おにくびと書いて「おにこうべ」

鬼首は宮城県の鳴子町にあるスキーリゾート。温泉とこけしが有名。秋田と山形の後頭部あたりに接している。

鬼首は、延暦20年(801年)、征夷大将軍の坂上田村麻呂が、鬼と呼ばれていた大竹丸を征追し、この地で首をはねたことに由来しているらしい。
だから頭じゃなくて首でも「こうべ」と読むのか。

坂上田村麻呂って久々に思い出した人も多いのでは。
私は「せいいたいしょうぐん」とか「さかのうえのたむらまろ」という音は覚えてるけど、何をした人なのかさっぱりさ。
このタムラマロくんは、最近雪崩の痛ましい事故でニュースになった有名な秋田の「乳頭温泉」にも入ったらしく、現代風に言うと「ここの温泉、マジいいぜ!一ケ所からいろんな泉質のお湯が出るなんて、超スゲー!ケガも病気も治るつーの!」って絶賛したらしいよ。

偶然にも温泉つながりでマロくんのことを思い出したので、私の日本史の記憶には「征夷大将軍=温泉好き」と上書き保存されてしまったよ。
マロくんは山形の温泉にも入っただろうか。

さて、
このオニコウベスキー場に一泊二日でスキー合宿に入ってきた。トリノオリンピックに触発されたのだ。
目指せバンクーバー!!33歳でバンクーバー!無理!

トリノには関係なく、前々から企画していたのだ。
メンバーは、どろんこバレーやらソフトバレーやらUNOやらスキーやらを一緒に楽しんでいる会社の仲間たちと。総勢11名。
こちらのスキー場は初めてなのだが、すんごいびっくりするような旅行プランが満載。

今回私たちは、温泉付きのペンション「アルピーヌ」に宿泊。朝・夕2食付き&2日間リフト券(ナイター可)入湯税込みでなんと約1万2000円という破格のプラン。
もしかして、あんまり泊まりで来るような人はいないのかもしれない。

■ 出発
朝7時に会社の開発棟前に集合。いつも遅刻をしがちな私がなんと一番乗り。
でもそれは私の力ではなく、迎えに来てくれた後輩による功績だ。迎えに来てもらうとなるとさすがにがんばって起きるわけですよ。
そうすると自動的に時間に間に合うわけですよ。

もしかしたら、それを見込んで「お前、あいつ拾って来いよ。でないとあいつ時間に来ないから」って命令されているのかもしれない。
7時になり、続々と集合。誰も遅刻をしなかったので、予定よりも早く出発。
朝日が目がショボショボになるくらい眩しくて、ウキウキ気分が一層盛り上がる。
天気最高!!雪が解けてしまっているんじゃないか!?というくらい暑い!
どうか到着までは解けないで!!

あ・ら・伊達な道の駅
順調に高速を抜けて、あ・ら・伊達な道の駅へ。
予定より早く到着してしまったのでぐるぐる眺める。
ちょっとおなかがすいたので揚げたてコロッケを食べながら部長を待つ。
ここで、身重の嫁を実家にあずけてまで参加する山セレ部の部長と合流するのだ。
コロッケを食べつつ、
「あ・ら・伊達の駅のあ・らってなんだず?」
「なんだべ?」
「ホントはアラダテって地名なんじゃね?」
「違うず」などと「あ・ら」について思索を巡らす。

施設内の店員さんに質問しても、明確にその答えを知っている人はいなかった。
「細かいことは気にするな」っていう意味なのかもしれない。あ・ら・。

部長と合流し、一路オニコウベスキー場へ。
あまりの天気の良さに、スキーに行くのだという気持ちがすごく萎える。
このまま温泉巡りでもして、ご飯食べて寝ちゃってもいいな〜〜〜〜。

a0034014_16155338.jpg
道すがら見つけた、ミルクコミュニティの工場の牛の模型に「あ!牛!」とか、田んぼから飛び立つ白鳥のV字飛行に「おあ!白鳥!」とか、名産のこけしの巨大模型看板に「わあ!こけし!」とか小学生のようにリアクションしながら車は進む。
こんなことも楽しくて仕方ない。

■スキー部!
温泉とこけしを猛烈プッシュする町を走り去り、山へ山へと登って行く。ようやく視界にも雪の斜面が飛び込んで来た。
解けてなくて良かった。それでも気温は高くちょっと動くだけで汗ばむ陽気。

ペンションに荷物をを置かせてもらい、チェックインの時間まで自由時間。
やっぱりゲレンデを目の前にすると滑る気がムクムクと湧いてくるもんで、みんなシャキシャキ準備している。

スキー場は狭く、迷子になる心配はない。閉鎖されているゲレンデや運行中止のリフトもあって、バラエティを求められないゲレンデではあるが、くり返しの練習には最適。あたしですら迷わないし。さらに今日は快晴で、雪質もちょい固め。
私は新雪・もこ道よりも板にかぶらないアイスバーン気味のほうが好き。ボードのメンバーは転ぶと痛い、と嘆いていたが、スキーにはベストだったよ。

何本か足慣らしををし、動いているリフトを乗継いで頂上へ。
リフトからの眺めがもう最高!

青空に遠くの山脈。木立。光る雪面。
頂上で上着脱いでビール飲んで、「ぃヤッホー!!!」とか言いたくなっちゃうようなすばらしい天気。
さすが晴れ女!と今回も根拠なく自分を誉める。
a0034014_16163256.jpga0034014_16164150.jpg












a0034014_16165168.jpga0034014_1617738.jpg












a0034014_16173470.jpga0034014_16174552.jpg

チェックインの時間が近付いたので、集合し一旦ペンションへ。
メンバーと「スキー&スノーボードクロス!!」とか言いながらスピード競争をする。風をビュービュー受けて気持ちよく吹っ飛ばして滑っていると、横をテレマークスキーの部長が奇声をあげながら追いこしていった。テレマークスキーはどちらかというとスピード対応のスキーではない。かかと固定されてないんだもの。
なのに、あり得ないスピードで小さくなっていく彼の背中に笑いが止まらなかった。
へっぴり腰とは、あのシーンために造られた言葉なのではないか。
ゴールで「もう自分では制御不能のスピードだったよ」と少年のようなキラキラした瞳で報告する部長。笑顔の白い歯がまぶしい。
競争したメンバーは笑いが止まらず腹が痛い。一緒に競争したボードの後輩と、ビデオに残したいシーンだったね、と悔やんだ。

■セクシー温泉
チェックインを済ませ、夕食の時間まで温泉に出かけることに。
ペンションにも温泉があるのだが、せっかく温泉エリアなのだから普通の浴そうじゃないのにも入りたい。ペンションのオーナーに教えられた「目の湯」へ向かう。
着くと、一瞬どこだかわからないくらい民家風。
入るとそんなに広くはないが露天もある温泉だった。

a0034014_16151150.jpga0034014_16152086.jpg











この温泉は男女のお風呂は壁で仕切られているだけで、天井はつながっている。
男湯の話声が開いた天井から聞こえてくる。
露天も入ろうと外へ出ると、そちらも竹垣で仕切られているだけのギリギリ混浴ではない仕様であった。
しかも、階段を降りる途中から竹垣が低くなっている。竹垣の隙間ものぞく気さえあればいつでものぞけるような危うげな作り。
・・・・。
一瞬躊躇するも、えいや!!と勢いつけて入っちゃった。
短いと思った竹垣も、階段を降りれば自分の足場も低くなるので結局は見えないのだ。
勝手な憶測だが、この造りだと「見えそうだけど見えないから見ようとしたい!」という男性の狩猟本能みたいなものをくすぐらないのだと思う。
ゴールが安易すぎてチャレンジする気を起こさせないのだ。
不完全に見えて、意外に計算された構造物だったのかも...。
多分、そんなことない。

a0034014_1614244.jpg
目の湯を出て、ここらで唯一と思われるコンビニでお買い物。生鮮食品も扱っておりなんだか楽しい。商品を入れてくれた袋はちょっとかわいらしかった。
鬼首という地名の割にどこにも鬼が登場しないな、と思っていたのだがようやくここで会えた。

節分の後だったから、出払っていたのかもしれない。
などと中年以降の人が、「ホー上手いねえ」とか誉めてくれそうなことを書いてみる。

■まじめに合宿風
ペンションに戻り夕食。ボリュームがある夕ご飯だった。元アメフト部の新入社員がご飯を4杯おかわりしていた。年長組は食べるのも遅い。おかわりもできない。代謝って落ちてゆくのだね、確実に。
夕食後ナイターに行こうかと思ったのだが、満腹感と温泉のポカポカでそんな気持ちはそがれてしまう。
というわけで、一番大きな部屋に集まり、その日に撮影したビデオの上映会。ちゃんと滑ってる姿を撮ってたりするのだ。THE!合宿って感じ。意外にみんな真剣に見入ってしまう。そうするうちに同じテープに残っていた夏の泥んこバレーの映像なども出てきてしまって、ビデオ観賞がやめられなくなる。結局最後まですっかりビデオを見ることに。
ビデオが終わるとすっかり深夜の気分だったのだが、何もかも早く生活しているため実際は20時前とかで、軽い時差感覚。
まだまだ寝るには早いので、恒例ウノ大会。
何ゲームか終了した頃、部長が眠気の限界に。まだ23時前であったが、明らかに夢の世界の境界線をさまよっている。
そしてとうとう瞳を閉じ、手からカードがはらり、と落ちた。
部長以外の全員で「ヒトが眠りに落ちる瞬間」を観察。
翌朝きくと、部長はいつ寝たかを覚えていなかった。

部長の就寝をきっかけに部屋に戻ることに。
温泉に入る人、テレビを見る人、そのまま寝ちゃう人。
私は睡魔に勝てず、朝イチで温泉に入ることを固く心に誓いそのまま就寝。
結局、みんな23時頃には寝たらしい。
真面目!!っていうか年!?

鬼首(青鬼)に続く。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-03-04 16:20 | 遠出&ごはん

もう春も近いのに樹氷って!

もうすぐ4月。
みなさんのお住まいの地域ではそろそろ春うららの陽気だろうか。
東北、山形はどうしたことか、昨日、今日と雪ですよ。
ダウンジャケットで通勤ですよ。
東北なめンな!って感じですよ。

天気予報では桜の開花情報と西高東低の冬型の気圧配置を同時に伝えている。
変な感じだ。
狭い日本はどうしちゃったのか。

白樺、青空、南風。北国の春。ここを読んでるお若い方、千昌夫ってご存知?
季節外れの降雪があったものの、明日からは山形も徐々に春の陽気になっていくようだ。よかった。

さて、
久しぶりの雪で思い出したことがある。
それは2月の出来事なのだが、せっかくなので書いちゃえ。

ここのエキサイトブログは過去日付けを指定して日記を書くことができる。
ナイスずぼら対応機能!
といわけで、今日はトップに出ているが、そのうち何事もなかったかのように2月の日記に並び替える予定だ。


時は約1ヵ月半ほど前。
蔵王スキー場のかの有名な樹氷ライトアップを見に行く。
自ら高い金を払い、薄暗いゴンドラに乗り込み、−10度の世界へ遊びに行くというちょっとMっ気のあるイベントへ。
a0034014_1335343.jpga0034014_134537.jpg











立派な樹氷がカクテルライトに照らされ、幻想的な風景。
屋内から眺められるのにわざわざ外に出て、「寒い!寒い!」と写真を撮る旅行者たち。
おそろいのフェイスマスクを色違いでかぶっているカップル。
濡れタオルをブンブンと振り回し、タオルが立った!なんていう感動シーンを撮影する人も。いいなあ、あれしたかったな。

おもいおもいに厳寒を楽しむ人たちでキャー!キャー!とごったがえす山頂。
−10度。

地元民で寒さなど珍しくもない私だが、もちろん外に出て「寒い!」といいながら記念撮影。この寒さを味わうことだって料金のうちのような気がする。なんとなく。
でも、やっぱりシャレにならない寒さなのでレストランに入り、甘酒を飲みながらのんびりライトアップを観賞。
a0034014_135464.jpga0034014_136498.jpg











荘厳な樹氷の景色だが、ずーっと眺めているうちに「うなだれるガチャピンの集団」に見えてきてしまって、なんだか切なくなった。
寒さに耐えているみたいに見える。
がんばれガチャピン。
a0034014_1365839.jpg
うなだれるガチャピンの群像

先にも書いたがこれは1ヵ月半前の話。
迫力の樹氷群も、残念ながらとっくに見ごろを終えてしまっているはずだ。

実はひなパーティよりも、オニコウベよりも前に行っていたのだが書く暇がなく。
2月は28日しかないし、気がついたら3月も終わろうとしているし。
どうしようかと思ったのだが、季節外れの雪でせっかく思い出したので。

a0034014_137825.jpg

さてこの日は、樹氷観賞の後、もちろん温泉に入り、これぞ温泉街!っていう場所に遊びにいったり、一目見ただけで人の血液型や性格を当てちゃう!なんていうすごいキャラクターのマスターがいるお店にいったりと蔵王温泉満喫!だったのだが、それを書き始めるのはさすがに今さらなので割愛。

ちなみにだが、その濃いマスターは私を一目みるなり「あなたA型でしょ!?」と言い放った。
首を横に振ったら「あらっ?O型だったか〜!」と。

す、すみません、私B型です・・・。

さらに「君はハードタイプだね!それと、僕と似ているところがあるなあ!君は変態だねっ!」って、元気いっぱい断言された。
「あなたほど変態っぽくはないですよ!」

…とは、さすがに言えなかった。

マスターに興味が湧いてしまった人は、場所を教えるので自力でどうぞ。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-02-18 01:46 | 近出&ごはん

岩牡蠣は現代人の心を癒す

富士登山で有休を取ったばかりだというのに、今日もまた有休を取った。
こんなことができるのは1年でもこの時期だけ。
今のうちに休んでおかなくては。

富士山に登った翌日始発で山形に戻り仕事をし、1日おいてバレーの練習に参加。
そのまた翌日有休とって日帰り旅行。しかも運転手。
なんて遊びに対して貪欲なの。遊ぶことには異常なタフさと集中力を見せる私。

今日のお出かけは毎年恒例の女だらけの海水浴(ポロリもあるよ)
友人と平日の空いた海に海水浴に来ているのだ。
ささやかではあるがバーベキューなどもして楽しい。

今年もその予定だったのだが、天気予報がイマイチなので海辺でのバーベキューは取り止めにし、庄内の旨い魚とゆったり温泉の旅に予定を変更。
急遽、旨い魚の食べられる店と温泉をリサーチ。探してる時も楽しい。

バレー練習の後、汗だくのままガソリンを満タンにし、本屋にいって地図を買った。準備は万端だ。
行き先は山形県鶴岡市。


朝8:30ごろ出発をし、順番に同行者を拾っていく。
雨の予報だったが、海でも良かったかな?と思えるくらいの暑さ。
同行者に晴れ女っぷりを賞賛され良い気分で運転する。
2時間ちょっとのドライブで最初の目的地、魚の旨い店に到着。

a0034014_21533892.jpg
やってきたのは「柏戸銀寿し」
ここは元横綱 柏戸関のお兄さんのお店。
「二枚目」というちらし寿司が有名らしく、なんとお昼は840円で食べられる。

お店に入るとそこにはなんと「岩がきあります」の文字。
あぁぁぁぁぁ〜〜〜!!!!!
岩がき!!
岩がきは日本海側の一部で夏に旬を迎えるおいしい牡蠣。冬に出回る牡蠣とは比べられないほどの大きさと濃厚さを誇る。私は牡蠣が大好きなのだ。というか海産物全般に大好きなのだが、牡蠣は過去に何度かあたったことがあるのに、それでも食べるのをやめられないほど好きなのだ。あたってお腹が痛くなっても構わない!と思って毎回食べちゃう。

「岩がきあります」の文字が私を見つめている・・・。
いや、あたしが見つめていたのか。

もう、絶対喰う!!と決めて入店。
個室に通してもらい、話題の二枚目と岩牡蠣を注文。友達は二枚目と渡り蟹の素揚げを注文。岩牡蠣は時価だったので、おそるおそる値段を聞いてみた。
なんと450円。もう恐れるものは何もない。どんとこい!岩牡蠣。
a0034014_2150536.jpg
岩牡蠣が運ばれてくる。
いやぁぁん・・・大きい!
もうヨダレがダクダク。
い・た・だ・き・ま.っす!!

きゃーー!!!
おいしいっ!おいしいっ!おいしいっ!
おい・しい・よーぅ!!


独特の生臭さは一切なく、トロリとした舌触りとねっとり濃厚な味わい。
口いっぱいに海が広がっていく・・・。
貝柱もシャキッと大きく食べごたえがある。
海が育んだの生命の塊。

幸せ。あなたがいてくれてホントに幸せよ..。

あまりに嬉しそうに食べる私を見て、友人も二人で1つ注文することに。
二人ともそのまま倒れそうだ。
ちなみに私ももう一個注文し、一人で2こ喰っちゃった。


a0034014_21511329.jpg
次に運ばれて来たのは渡り蟹。
こちらは殻まで柔らかく丸ごと揚げられており、外はサクサクと香ばしく、中はふんわりやわらかな蟹肉。
ボディの濃厚なミソ部分を食べた時にはギャー!!っと大騒ぎしてしまった。




ヤバい。
まだメインの二枚目が登場していないというのに、すでに「上手投げ〜柏戸の勝ち!」って感じだ。
もう、上手でも下手でも投げて♥投げてっ♥
牡蠣や蟹に大騒ぎしていると、本日のメイン、「二枚目」が運ばれてきた。

先の主役級二品の後に登場したにも関わらず、神々しい光を放つ二枚目。
結びの一番。横綱登場。
お魚がね、キラキラ光ってね、宝石箱みたぁ〜い。ウフ。
a0034014_21523590.jpg
ガツガツと食べる。言うまでもなく、おいしい。
何種類乗っているのかわからないほど様々な魚介が顔を出す。来て良かった。
ビバ!庄内!

食べ進めて行くとちょっと異変が起こる。
???
!!!
下からもっ!?
なんとこのちらしは、具、米、さらに具と三層になっており、上部の具が少なくなって来てテンションが下がりかけた頃に、下から別の具が顔を出す仕組みになっている。

おいしい食べ物はお腹だけでなく心も満たしてくれるなぁ・・・と改めて実感し完食。
一人2000円以下で大満足し店を後にする。


パンパンに膨れたお腹をさすりながら、海岸沿いへドライブ。海辺の温泉へ向かう。
向かったのは「龍の湯」という旅館。宿泊なしでも温泉と休憩だけ600円で利用できる。

この旅館は最近改装オープンしたばかりで、とてもキレイであった。さらにスタッフの教育も行き届いていてとても気持ちいい。今度は宿泊で来てみたい。
2種類の源泉が7つのお風呂にたっぷりと流れる。いろんな湯舟を湯めぐりした。結局一番長く入っていたのは露天風呂。温泉の熱さと海からの潮風が気持ちいい。

おのおの温泉も満喫し、広々としたロビーで庭園を眺めながら休憩。
3日前に富士山でリフレッシュしたばかりだけど、こちらでもすんごいリフレッシュすることができた。
リフレッシュしてばかりだな、私。
a0034014_21552978.jpg

帰り道も混雑するはなく順調に帰ってくることができた。
とってもイイ気分だったのに、途中携帯電話に仕事の電話が入りちょっとガッカリ。
でも一応社会人なので、みんなを送り届けたあと会社に戻り、かなり浮かれたリゾートファッションのまま小一時間仕事をして家に帰った。

富士山の時といい、今回といい、あたしってエライな〜。
誰も誉めてくれないから、今回も自分で自分を誉めまくったよ。
[PR]
by yukiya-13 | 2005-08-11 21:46 | 近出&ごはん

富士登山9<温泉・ほうとう>

河口湖駅まで戻り、新宿駅までのバスチケットを手配。
元気になったフセさんは昨日のようにテキパキと働いてくれている。 さすがフセさん。あなたがいて本当に良かった。
フセさんがテキパキと受付のおばちゃんとやり取りをしていると、傍らにいたまんぷくちゃんに向かって受付の人が「アンケートお願いします」と1枚の紙を手渡した。私にもフセさんにもその用紙は手渡されない。
こっそりのぞき込むと、アンケートには日本語だけでなく様々なお国の言葉で質問事項が並んでいる。

「あなたの出身国は?」
「バス案内所の外国人向け表示は見やすかったですか?」


どうやら、さまざまな国からやってくる富士山観光客に対して、案内はわかりやすかったかを問うている。
まんぷくちゃんは日本人だ。生粋のニッポニアニッポンだ。
出身国「宮城」とでも回答しろというのか。
おばちゃんの瞳には、フセさんはチケットを取り仕切るツアコンに、私は通訳のようにでも映っていたのだろうか。まんぷくちゃんは何国人に見えたのだろう?

明らかに困惑しているまんぷく。
おもしろいので、「彼女日本人なんですけど・・・」とは最後まで申し出ないでおいた。


バスの手配を済ませ、近くの「溶岩温泉」へ。 早速、薄汚くなった体を温泉で洗い流す。サッパリ。
湯舟で足をマッサージ。 ほぐされていく筋肉がまた気持ちいい〜〜〜。 着替えも済ませて休憩所でマッタリ。畳と扇風機が気持ちいい。
日本人で良かった。あ、まんぷくちゃんへのイヤミじゃないよ!

溶岩温泉のあとは山梨名物の「ほうとう」を食べに行く。
私はほうとう初体験。
a0034014_11293910.jpg
どんなものかもわからず注文したのだが、たくさん野菜の入った味噌煮込みうどんといった感じ。
カボチャが入っていることにちょっとびっくりしたが、カボチャあってのほうとうだと教えられた。
カボチャは意外にうどんにマッチしていておいしい。
ついでにちょっとだけ飲んだビールは温泉後のほてった体に染み渡り、富士山を制覇した爽やかさとあいまってすんごくおいしく感じられた。


ほうとうにおなかも心も満たされ、バス乗り場へ。お土産に「信玄餅」と「富士山クッキー」「桃まんじゅう」を購入。

新宿行きのバスに乗り込み、富士山に別れを告げる。
きっと、もう二度と会えない・・・。
[PR]
by yukiya-13 | 2005-08-07 15:34 | 富士登山