<   2006年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

おいしい塩竈2

二日目は塩竈神社を散歩した後、お寿司を食べることに。
塩竈は生まぐろ日本一の水揚げを誇り、1平方キロあたりの寿司店が数が日本一という所らしい。
これは寿司を食べなくては!
まぐろを食べなくては!

噂に違わずで、町を歩くと至る所に寿司屋、寿司屋。
どこに入るのか迷ってしまうほど。

今回は塩竈初心者なので、せっかくだからと行列のできる有名店に入ることにした。
お店は「すし哲」。
a0034014_23243041.jpga0034014_23244444.jpgお店の開店に合わせて入店。本日第1号のお客さんになれた。
お昼が近づくと、どんどん人が増えていたので、早くに入って良かったと思う。
すし哲で食べたもの。
特上寿司、たことあじの造り、汁もの2種、シャーベット。
a0034014_23254570.jpga0034014_2325578.jpg









a0034014_232631100.jpga0034014_23264593.jpg









特上ってすごいね。
見た目もきれい。見るだけでおいしそうなのがわかる。
どれから食べるか真剣に悩んだもん。
ウニとか甘くてとろけちゃうの。
エンガワなんてこってりなのにしつこくないの。
いくらがはじけるの。
中トロにオオオオ!となり大トロにため息。
お造りも格別。
タコ、あなたがいてくれてよかった。
アジ、やっぱり君はおいしいね。
目抜きと毛ガニの汁ものもどちらもおいしい。

最後にいちごのシャーベットもついた。これがまた、いっ!ちっ!ごっ!ってすんごいイチゴが積極的なシャーベットで。

幸せな時間。至福とはこういうことをいうのだね。
お腹も心も充実してお支払い。

ランチでお1人約4500円。
!!!!ひい!!
値段も特上だわい。でもおいしかったんだよう。ああ〜おいしかったよう。
思い出しても幸せな気分になれる。

寿司屋を後にし、長井勝一漫画美術館を見学。
その後、夜も訪れたマリンゲートへ。
せっかくの天気なので船に乗りたい。

船の時間を調べ、空いた時間にお土産を買う。
実家に笹かまぼこと牡蠣の佃煮を買う。
どちらも試食させてもらった。牡蠣の佃煮の売り場では生牡蠣も食べさせてくれるという。
a0034014_23282477.jpg夏の岩牡蠣かと思いきや、冬と同じ物で、5年かけてでっかく育てたやつだとのこと。
すし哲では1個1500円だったが、ここではその半値以下。
お願いして殻を剥いてもらう。
何もつけずに海水のみでいただく。

チュルン!!プリプリ!
海の神様、ありがとう。

お土産の買い物を済ませ、船の時間まで休憩することに。
マリンゲート2階の「ブレアマリーナ」へ。
メニューを見るとここでも魚貝を使ったイタメシが食べられるらしく、けっこうおいしそう。
でも今日はお寿司でお腹が満たされているので、お茶とケーキのセットをいただく。
ホントよく食うなあ、と自分に感心。
甘いもの、苦手なクセに食べてるし。もう、満腹中枢とか壊れてるのかもしれない。
a0034014_2329250.jpg


旅行後、家で開封した牡蠣の佃煮。
もう、これだけでお酒もご飯もどんと来い!って感じの甘辛加減。
ちょびちょび味わっている。
こちらは塩竈のお土産やの買い物袋。
どっちもカワイイなあ。
a0034014_23302027.jpga0034014_23302922.jpg










a0034014_23304877.jpga0034014_23305818.jpg結び目に書いてあった「また来てけさい〜ん」は「また来てね〜」だろうか。
是非ともまた行きたいものだ。



a0034014_23313042.jpg

[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-28 23:33 | 遠出&ごはん

おいしい塩竈1

先月の酒田旅行に引き続き、今月は宮城県塩竈市に1泊2日の小旅行。

仕事を終わりで山形を出発し、19時半頃にホテルにチェックイン。
夜の塩竈の町をうろうろしながらお店を探す。
初めて訪れる町のお店は、入ってみるまでそのお店がアタリなのかハズレなのかわからないので、ちょっとドキドキして楽しい。
今回も充実の二日間。体重増加必至だがとても楽しかった。
内容が多すぎるので、行ったところと食べた物だけピックアップ。

1軒目のお店は「漁場」という居酒屋。
名前からもおいしい海鮮が期待できそうではないですか。中に入ると思った以上のノスタルジックさ。
店の作りも店員もかなり昭和臭がただよう。
そこはでも海の近くということもあって、魚貝はおいしかった。
熟女店員3人と熱いトークを交わす。

ここで食べたもの。
刺身盛り合わせ、鰈の焼き物、お酒少々。
a0034014_2237452.jpga0034014_22371316.jpg









2軒目「おでん三吉」。
曇り空のためかちょっと寒かったので、温かい汁ものを求めておでんやへ。
おでんやといえども、やっぱりここは塩竈。
おいしい魚貝メニューがそろっている。しかも安い!!びっくりするくらい安い!!
これで商売できるんですか?と心配になる安さ。
ここで食べたもの。
おでん、天ぷら盛り合わせ、おろしタコ、ムツの焼き物、お酒。
a0034014_2237563.jpga0034014_22382345.jpg









a0034014_22385473.jpg二人で3000円也。安!











3軒目「お好み横町」。
時間も遅くなってきて、空いている店を見つけるのが困難になってきたところで発見。
朝までやっているらしい。
中に入ると、朝まで飲み明かしそうな若い団体がいる。
値段も安い。しかもお好み屋といえどもやっぱりここは塩竈。
ここにもおいしい魚貝がそろっているのですよ。
まだ、食うのか!?と自問しつつもやっぱり食べてしまう。
ああ〜も〜!!
太るって!確実に!
ここで食べたもの。
つぶのバター焼き、しめ鯖、モツ焼き、鮭のチャンチャン焼き、広島風お好み焼き、お酒。
a0034014_22412484.jpga0034014_2242821.jpg









a0034014_22413495.jpga0034014_22414645.jpgここで食べたつぶのバター焼きは人生の貝類の中で1、2を争うおいしさだった。
で、締めに食べた広島風お好み焼きは人生で1、2を争う満腹感だった。あ〜ソースが濃い。
つーか、普通締めに食わないだろうね、あんなヘビーなものを…。


もっと食べたような気がするのだが、酔っぱらっていたので忘れてしまっているような…。
記憶から抹消されてしまっても確実に血となり肉となっているのに!
しかもどちらかというと、肉に!

でもおいしいからいいか〜。
おいしい塩竈、明日も楽しみ!!
[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-28 22:49 | 遠出&ごはん

VS水戸ホーリーホック

今日はモンテディオ山形の企業応援デーだった。
総勢170名余りの会社のみなさんとサッカー観戦。

結果は3ー0で完勝!これで4連勝!
しかも私が今期観たゲームの勝率10割!(2試合しか観てないけど!)


今日の相手は水戸ホーリーホック。
水戸とは試合前のサポーター同士の掛け合いがけっこうおもしろくて好きだ。

a0034014_18152825.jpg今日のコール合戦は

山形:ホーリーホック!

水戸:山形!ディオ!

山形:調子はどーだい?

水戸:J1昇格!

山形:一緒に昇格!

水戸:絶対行こうぜ!(ね?)

山形:約束〜水戸!

水戸:指きりげんまん!

山形:いい奴!水戸!

水戸:照れるぜベイベ!

山形:はじまるぞ!

水戸:はじめっぞ!

指きりげんまん!の時にはあまりの返しのウマさに会場中が盛り上がった。
a0034014_18154999.jpg
敵なのに!と思う人もいるのだろうが、私はけっこうスキだ。
スポーツなんだから、勝敗はゲームで決めればいいのであって、サポーター同士が殺伐と罵りあったりしなくてもいい。

今日は試合前とハーフタイムにイベントの徳内ばやしの踊りもあり、とても威勢が良くて良かった。
特にお囃子のスキンヘッドのおっさんはとてもパワフルであった。

今日はゲーム前のやりとりも楽しかったし、ゲーム内容も良かったし、
なにしろ勝つし、4連勝だし、
言うことないっす。
やっぱ勝ち試合は楽しいなあ!

a0034014_18182027.jpga0034014_18154024.jpg
[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-27 18:20 | 日常日記★ユキ印

妖怪そっくりコンテスト

水木しげるの妖怪そっくりコンテストなるものが開催されるらしい。

我こそは妖怪!と思うあなた、参加してみてはいかがだろう。
最優秀賞はなんと賞金10万円!

10万ももらえるなら、この際似てなくてもがんばって仮装するとか、
水木しげるのマンガを読み直して、なんとか自分に似てる奴を探し出すぐらいの努力はしてもいいかもしれない。

でも、うちには水木しげるの漫画がない。

ちなみに、鬼太郎はガンバ大阪の遠藤保仁が似ていると思う。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-26 18:01 | 日常日記★ユキ印

インテリアライフスタイル展

6月14日(水)~16(金)
東京ビッグサイト 東ホールにおきまして、インテリアライフスタイル展が開催されます。

基本的に業界関係者のみの入場になります。
1000円払って、名刺渡せば入れるけれど。

こちらの招待券が2枚手元にあります。

お前、インテリア業界人じゃないだろ?と言われればそうなのですが、
私もいろいろあるのです。
もしかしたら影ではプロダクトとかテキスタイルもやってるかもしれないじゃないですか。

やってないですけど。

業界人ではありませんが、眺めて回るのもなかなか楽しそうなこの展示会。
行きたいのですがいかんせん平日なのでちょっと無理。

というわけで、平日でも行ってみたいという方、
われこそはインテリア業界人という方、
招待券をお譲りします。

興味ある方は連絡ください。
メール、電話、コメントなんでもけっこうです。

知らない人には譲りません。すみません。人見知りなんです。

まあ。1000円払えば入場できるので、そんなに価値のあるものではないですがね。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-23 13:27 | 日常日記★ユキ印

をではなくがなのは

a0034014_15425636.jpgおもしろそうなので購入した清涼飲料水。

デザインをくまなくチェックし、裏面表示、コピーのチェックをしてしまうのは、もはや職業病。




アルフォンソマンゴーにパパイヤがミックス!

が!?
が!?

パパイヤ「が」?

パパイヤ「を」でなく?

a0034014_15431791.jpg


気になる、気になるよう!
「を」の方がしっくりくる気がするのだが、
このライターさんはなにか意図するところがあったのだろうか?
はたまた違和感を感じているのは私だけ?

というか、こんなとこ誰も読んでねー!!

それ以前にアルフォンソマンゴーもわかんないし!!


「を」だと第三者(例えば人間が)が、マンゴーの割合の多いジュースにとパパイヤを混ぜ、ミックスジュースを作っているイメージ。
「が」っていわれると、パパイヤが自ら飛び込んじゃってる感じがするんだが。

アルフォンソマンゴーにパパイヤがミックスされたジュース!

なら納得なんだけど。

どうして「が」なんだろう?
ライターはどんな効果を期待して「が」にしたんだろう?

そんなこと考えて飲んでたら、味もあんまりわからないうちに飲み終わってしまってた。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-22 15:50 | 気になる食べ物

ネギの青い部分

白髪ネギを作るために購入した長ネギ。青い部分が残ってしまった。
残った部分を有効活用したら、おいしくて、掃除もはかどって、ピアスも見つかるという話。

ネギはそもそもそんなに好きではないので、青い部分をどうしようかとちょっと迷う。
捨ててもいいけど、少しもったいない。
なんとか使おうと思い、豚モツを煮込むのに使うことにした。

ネギのいらない部分を使いたいがために、豚モツ、しょうが、ニンニク、大根、ごぼう、豆腐、こんにゃくを新たに購入する。

本末転倒な気がしないでもないが、青い部分で何か煮込む、という行為はなんだかそれだけですごくおいしそうじゃないですか。

a0034014_21102568.jpg豚モツ、ネギ、しょうが、ニンニクを入れグツグツと煮込む。
煮込む間にようやくコタツをはずし、コタツ布団を抱えてコインランドリーへ。
洗濯をセットし、家に戻る。
コインランドリーは歩いて30秒ほどの所にあるのでとても便利だ。

煮込んでいる鍋の様子を見ながらコタツ周辺の掃除をする。
一冬越したコタツの下からはなくしたと思っていたピアスが発掘された。
コタツを片付けると部屋が広くなった気がしてちょっと嬉しい。

洗濯終了時刻を見計らって、コインランドリーへ行き、乾燥機をセット。
またまた戻って煮込みの様子を見る。

ネギはしんなりし、ゆで汁も白濁している。
ゆで汁を捨て、ネギ、しょうがを取り出す。
軽く水洗いし、再度ゆでる。

モツは何度も煮直すと柔らかく、臭みもなくなるらしいのだが、最近スーパーで売っているものはそんなに臭くないので、2回でOK。
切った材料を入れて、酒、しょうゆを入れて煮込む。

コインランドリーから乾燥したコタツ布団を回収してくる。
たたんでクローゼットへ。

その間も煮込む、煮込む、煮込む。

CDをかけて歌う。
その間も煮込む。
ちょっと踊る。
その間も煮込む。
お風呂に入る。ストレッチをする。髪を乾かす。
その間も煮込む、煮込む、煮込む。

グツグツ。
最後に味噌で味を調整。
その後もちょっと煮込む。

煮込みは冷める時に味が染み込んでいくと聞いたので、今日は食べずに寝かすことに。

a0034014_21172886.jpg翌日の夕ご飯でお酒と共にいただく。
ああ!うま〜い!!
ネギが捨てたくなかっただけなのだが、とてもおいしいモツ煮込みができた。
コタツも片付いた。ピアスも見つかった。

一晩では食べ切れなかったので翌日のお昼も食べる。
カリカリに焼いたジャコと水菜と大根のサラダ、豆腐入り煎りたまごと共に。
居酒屋のようなメニューでランチ。

翌日のランチまで間に合った。すごいぞ、ネギの青い部分。
a0034014_21234174.jpg

[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-21 21:24 | 家ごはん

家内制手工業

最近ブコウスキーさんに教えてもらったラムライダーのPORTABLE DISCOを聴きながら無心に3センチほどの円形の図柄を切りまくる。
ラムライダー、すごく好み。楽しい。

円形の図柄は仕事の合間を縫って、ちょっとづつプリントしておいたもの。
リズムに乗ってチョキチョキチョキチョキチョキ。
a0034014_0482067.jpg円形に切ったものをCanバッチgood Superにセットし、6才の女児よろしく、ウキウキとバッチを製作中。
けっこうたのしいのだが、続けて制作していると、大人の私でも結構な筋肉痛。
ぐりぐりと頭のハンドルを回して缶に図柄とフィルムをねじ込むのがなかなか大変なのだ。
もっと簡単にプレスする方法はなかったのか、バンダイさんよ。

a0034014_0541844.jpg
地味にコツコツ作ったバッチは近日お目見えする予定。
見たい人、欲しい人は山形県の置賜地方まで取りにきてください。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-21 00:56 | 図画工作

「ラジカセ」って最近聞かないね

坂本冬美と川中美幸をBGMに夕ご飯を作る。
夜桜お七とか二輪草とか私でも聴いたことのあるメロディが流れてくる。
包丁をもつ手に思わず、グッと力が入る・・・。
なんてことは別にない。

先日の母の日にカセットデッキを贈った。「ラジカセ」ですよ。久しぶりに聞いたし、口にしたよ。

「ラジカセ」。

妹が贈ろうとしていたものに半分お金出して便乗しただけなのだが、小ぶりでラジオも聞けるカセットデッキを所望していた母はけっこう喜んでくれた。
このデジタル全盛期、ハードに曲を入れて持ち出せる時代になにゆえカセットテープか!と思ったりもするのだが、超がつくほどの機械音痴、そして還暦を間近にひかえたご婦人様にはCDすらも敷居の高い話らしく。
昔から使い慣れたカセットじゃないとダメなんだそうだ。ボタンもピ!と触れるだけで操作できるようなものではダメで、ガチャリ!と力を込めて押し込んだ感のあるものでないとダメらしい。
ほぼお望みどおりの品物をプレゼントすることはできたのだが、カセットテープがなかなか売っていない。たまに置いてあっても本人が歌っていないものだったり。
というわけで、とりあえずハードはラジオとして使ってもらい、私がレンタルしたものをダビングしてあげることにしたのだ。

私は今CD、MD、カセットのトリプルコンポを使っているのだが、正直カセット機能はいらないな、と思っていた。実際使ってないし。
デザインが良かったから買ったものだったのだが、機能が役に立ってよかった。

そんなわけで、母のリクエストの坂本冬美と川中美幸をダビングしながらの夕ご飯の準備とあいなった。
カセットテープを扱うのがあまりに久しぶりすぎてなんだかちょっと感動的。
CDの曲をA面とB面に切れないように振り分ける計算をしたり、テープの頭の透明な無録音部分に曲が掛からないようにしたり。
ああ、懐かしい。この感じ。
ちゃんと録音できたかチェックすると、やっぱり頭だしは音が揺れている。
これまた懐かしい。
録り直すと全曲やりなおしなのでそのままにしちゃう。
徐々にフェードインし音が乗ってくる感じは演歌にはけっこう合ってる気がするし。

冬美、美幸に加えて綾小路きみまろの漫談もプレゼントしようかと準備中。
喜んでもらえるといいなあ。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-18 15:04 | 日常日記★ユキ印

J2第16節 VS湘南ベルマーレ

今季初のモンテディオ山形観戦。

偶然にも前日、ホームゲームを運営している会社の方とお仕事をした。

「明日は来られますか?」と先方さん。

「あれ?明日もホームあるんですか?」と私。

何かと予定が重なってしまい全く見に行けない状態だったので、
ゲームスケジュールもろくにチェックしていなかった。


「勝利の女神が来ないから負けてるんですよ~」というあからさまなヨイショに乗っかり、久々に生観戦。
会社の後輩と前半20分過ぎ頃に会場に乗り込む。
空腹を満たすため炎のカリーパン激辛を購入し席へ。

銀山温泉の有名なカレーパンだそうで、これがけっこうおいしい。

席に着くか着かないかというぐらいに会場からワッと歓声があがる。
山形先制!
おお!4位の湘南に先制!

前半はさらにダメ押しの追加点。今日は勝てるかも知れない!という期待が高まる。

今期初の観戦だったので、前のゲームに比べて今日の動きが良かったのかどうかというのはわからないのだが、すごく良かったと思う。
ちゃんと意思疎通している動きだなあと。
こんなにいいのになんで勝ててないのが不思議なくらい。

特に財前は良かった。
去年まではまさか財前が山形のユニフォーム着ているとは思わなかったなあ。
ベガルタにいたんだものねえ。
ああ、来てくれてありがとう。

今日は気分良く帰れるなあ、と思った後半ロスタイム、審判もう、笛ふけよ、というぐらいのギリギリ終盤に1点返される。

えー。テンション下がっつ・・・。

こういうところが上位やJ1との小さくて大きな差なのかなと思った。
次回は最後までキッチリ、すっきり勝って欲しいもんだ。

とりあえず、次の運営会社さんとの仕事の時には「あたしが観にいったおかげで勝っちゃいました!」と言い張るつもり。


もうすぐワールドカップも始まるし、サッカー観戦勘を呼び戻しておかなくては!

a0034014_14521172.jpg

歓喜のゴール裏。でも最後にやられちゃう。ああ。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-18 14:55 | 日常日記★ユキ印