<   2005年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

また、なんでもない日に

アマゾンからプレゼントが届いた。
ワニ。
ピラニア。
大なまず。
秘宝。
あぁ、あたしのアマゾンイメージってしょぼいな。

アマゾンはアマゾンでもネットでCDやら本やら買えるアマゾンのことだ。お店で探したり、注文待ちするのが面倒な時はけっこう利用している。
そのアマゾンから荷物が届く。最近何か注文した覚えはないなぁ。
a0034014_23595656.jpg
包みをバリバリと開くとそこには「ビオファームまつきの野菜レシピ図鑑」という本が。

同封の納品書を見ると、贈り主に富士山を共に制覇した友人の名前が。
富士山帰還後、「富士山の続きを送ります」とメールをもらっていたのだが、これがその続きかぁ。
ビオファームまつきは富士山麓の農園なのだ。
この本はそこで育てられた有機野菜を使った旬のおいしいレシピが満載の本。
写真もステキだ。

この本の松木さんは、ごく自然に旬のおいしいものを生活に取り入れて生きている感じがしてとてもカッコイイ。
私は実家が農家だということもあって、旬の野菜や果物がとても好きだ。
それを調理することも好きだ。
味付けは薄めが好きだし、素材の味が残っている方が好きだ。
残留農薬も少ない方が嬉しい。

これはおいしいと感じる方向に寄っていったらそういうことだったっていう、私のなかではごく自然なことで、大量生産されたものが良くないとか、有機じゃなきゃ絶対ダメだとかそういう脅迫観念じみた自然志向とはちょっと違う。

スローフードにならなきゃいけないって言われるとちょっとヤなんだよね。
私は単純にスローフードが好きなだけだ。
ファストフードだって食べるし、ジャンクフードだっておいしいと思う自分がいるし。

この本も、登場する松木さんも無理強いされていない感がとてもいいな、と思った。
レシピはどれもシンプルだけどとてもおいしそう。

そして何よりも「これを私に」と思いついてくれた友人に、すごくありがとう。

今日はなんの記念日でもない普通のなんでもない日だったのだが、
なんでもない日にプレゼントをもらうのは記念日に何かもらうことと同じくらい、
嬉しくて幸せなことだと思った。

月曜に引き続いて、こんなにステキな人生でいいのかな?と思うくらいハッピー。
そろそろ死んじゃうんじゃないかと不安になるよ。あぁ妄想癖が・・。

何気ない日常で私にハッピーを与えてくれる周りの素敵なみなさんのように、
私もなにかそういうものを発せられる人間になれたらいいのにな、と思ったよ。
業績とか、名誉とか、名声とか、利益とかじゃなく。
[PR]
by yukiya-13 | 2005-08-31 20:00 | 日常日記★ユキ印

モンテディオVS水戸@天童

ナイター19時キックオフ。仕事を終えて直で向かう。
いつも遅れるけど、今日はがんばってキックオフギリギリ。

ホームゲームは約3ヵ月ぶりの勝利。3-0!
前半に2点。急いで駆けつけた甲斐があった。

今季、初めて勝ち試合を見た。嬉しいよう。
ヒーローインタビューってこんなに楽しいんだっけね。
スポーツ県民歌ってこんなに嬉しいんだっけね。

だから行くのやめられないよね。
次回ホームは忘れずにマフラー持って来なきゃ。

次節は4日。アウェイ仙台でみちのくダービー。
私はソフトバレーの大会があるので見に行けないけど、
勝ってこの取り戻した勢いに乗って欲しい〜!!
[PR]
by yukiya-13 | 2005-08-31 00:50 | 日常日記★ユキ印

なんでもない日に

「うちで何人かで集まって、何かするみたいだから遊びに来たら?」
とかなりアバウトなお誘いをいただいた。
その日は特に何かの記念日だとか、お祝いだとか、もちろんお悔やみでもなく、
普通の月曜日だ。

知らない人も来るらしい。
初対面の人と会うのは、ワクワクするけどすごく緊張もする。
すごく楽しみな気持ちと相反するなんだかすごく憂鬱な気持ちが混ざって変な感じ。
行くまでがドキドキで、そこに行ってしまえば緊張もほぐれて、憂鬱だったことがウソのよう。
おいしい食事とみなさんからの差し入れでおなかいっぱいになり、たくさんのおもしろい話が聞けてとても楽しかった。
普通の月曜日だというのに家に帰ったのが夜中の2時。
憂鬱ってウソだべ!みたいな。

なんでもない日に、なんとなく声をかけてくれる人がいる。
そういう人の輪に自分がいれることはとても幸せだ。
大げさな!と思うかも知れないが、「生きてて良かった」とか「私はここに存在しててもいいのかな」とか思って泣けてしまうくらい。
嬉しいなぁと帰りの車の中で思った。

私は、「誘って断られたらイヤだな」って怖くて、自分からは大きなイベントでもない限り誘ったりできない性質だから余計に嬉しい。ありがたい。

人に恵まれているなぁ、幸せだなぁとなんだか改めて思った。
私を取り囲んでるみなさん、いや、もう、ほんと、ありがとうございます。
[PR]
by yukiya-13 | 2005-08-30 21:11 | 日常日記★ユキ印

かわいいカボチャ

a0034014_091181.jpg
実家からもらってきていたカボチャを調理する。
このカボチャは片手に乗るぐらい小さくてかわいい。
形もいかにも「カボチャ!」って感じでなんだか愛らしい。
中身は黄色が濃くて、味も甘くて、濃くて、ホッコリしていておいしい。
去年はこれでカボチャのモンブランを作った。
今年はパンプキンパイを作ることにした。


a0034014_093640.jpg
皮を剥いて、小さく切り牛乳と一緒にレンジへ。
ゆでるよりも短時間で柔らかくなる。








a0034014_095291.jpg
柔らかくなったカボチャを牛乳ごと裏ごし。
なかなかの重労働だけど、集中しているとなんだか楽しくなってくる。
ごしごし。裏ごし。ごしごしごしごし。
ちなみに、お菓子用の木ベラなんつーものは持っていないので、プラスチックのしゃもじで代用。
時々つまみ食い。おいしい。



a0034014_01076.jpg
卵黄、砂糖、バターを加えて練る。ねるねるねる。分量は味見して適当に。
つやつやしてきたらクリーム完成。









パイ生地を長方形に伸ばして切って、半分はそのまま、もう半分は中央に2センチ間隔くらいで切れ目を入れておく。まぁフィーリングで。
この間にオーブンを温める。
溶き卵を塗った生地にカボチャのペーストをこんもり、こってり乗せる。上に切れ目を入れた生地を乗せて、周囲をフォークでグイグイ押さえつける。
上から溶き卵を塗る。
ハケも持っていないので、フォークでベチャベチャと塗りたくる。
a0034014_0103644.jpga0034014_0105329.jpg











a0034014_0111595.jpg
温めておいたオーブンへ。
200度で20分くらい。多分。良い色になるまで焼く。
オーブンの中で膨らみながらクルクルまわるパイ。
香ばしい香りがしてきた〜。










明日のおやつ完成!!会社でお昼に食べよう。
おいしくできてるといいなぁ。
おいしいって言ってもらえるといいなぁ。
a0034014_0113157.jpg

[PR]
by yukiya-13 | 2005-08-29 00:37 | 家ごはん

資生堂uno

資生堂uno
たくさんの若手お笑い芸人が、unoでカッコよく大変身。
マジでけっこうカッコよくなってる。

人間を見た目で判断しちゃいけないけど、見た目もかなり重要だ。
[PR]
by yukiya-13 | 2005-08-28 03:20 | 日常日記★ユキ印

ノンスメルを買うとオムライスができる

風が吹くと桶屋が儲かる、みたいな。

冷蔵庫の脱臭剤の期限が切れたので買いに行った。
1年持つノンスメルが売っていたので冷凍庫用と合わせて買った。

家に帰って脱臭材を交換する。
冷蔵庫の扉を開ける。
古い脱臭材は冷蔵庫の一番奥だ。
最近食材を買い足したばかりで冷蔵庫内はギュウギュウ。
全てを取り出して交換するのは面倒だ。

隙間から手を伸ばし、奥から古い脱臭剤を取り出す。
同じように隙間を通って、新しいものを設置する。

その時。
伸ばした肘が手前の食材にちょっぴり触れてしまう。

あっ!

3コ残っていたタマゴがスローモーションで床に落ちる。

あぁぁぁ・・・。

なんでよりによってタマゴ・・・。
落ちるのは他のどれでも構わなかったのに・・・。

タマゴは3コ中3コとも割れてしまった。

仕方がないので冷蔵庫の残り物でオムライスを作ることに。

材料は割れたタマゴ3コ、お酒のつまみで残ってたサラミとスモークチーズ、ミネストローネの残りのホールトマト、えのき、しめじ、ピーマン。

a0034014_239212.jpga0034014_2393218.jpg










とってもおいしくできた。残り物処分もできたし。
運命は必然じゃなく偶然でできてる。
うんうん。
[PR]
by yukiya-13 | 2005-08-28 02:43 | 家ごはん

髪を切る

2ヵ月ぶりに髪の毛をカット&カラーリング。
前回切った時に、「次はベリーショートで真っ黒にする」と決めていたので、特に迷うこともなくカット。
このお店では過去にも
「こんなに切るの?」
「こんなに黒く?」
というオーダーをしているので、スタッフにもあまり驚きはない。
担当してくれる店長も躊躇なく切る。切る。

どのくらい短いかというと、多分、コレを読んでいるあなたの知り合いの女性にはいないくらい。一番長い所でも5〜6センチ。トップは3センチくらいだろうか。地肌が見える。

何も付けなくても髪が立つ。チクチク。
どのくらい黒いかというと、中島美嘉か墨汁くらい。ズラですか?と聞きたくなるくらい。

久しぶりに、頭がすんごく軽い。
[PR]
by yukiya-13 | 2005-08-26 23:12 | 日常日記★ユキ印

体育館練習

今日も山形市総合スポーツセンターで18時から21時までソフトバレーの練習。
どろんこバレーの大会は終わったのだが、普通のコートでやるソフトバレーの社会人大会に出るので、ちゃんと練習するのだ。

仕事を終えた人からそれぞれ集合し、練習。

体育館を5周。
パス練習。
ゲーム形式で練習。

あぁ、部活のようだ。

ゲーム中、張り切って飛び込んでレシーブしたら、
体育館の床と汗をかいた腕が擦れて、
スンゴイ摩擦でキュキュッてなって、熱くて痛くなるやつを何年かぶりに経験した。

うぉアチッ!!

この擦りむけヤケドは、地味なクセにけっこういつまでも染みて痛い。
痛みは何年経っても変わらないなぁ..。
[PR]
by yukiya-13 | 2005-08-25 23:50 | どろんこバレー

ミネストローネ

ミネストローネが食べたくなった。
具沢山のトマトのスープが食べたくなった。

お店で食べたことはあるけれど、自分で作ってみたことはない。作り方も知らない。
でも食べたことのある味を思いだしながら作ればなんとかなるだろう。
いつでもこんな感じで料理をしているので、ウチには秤がない。
なので、ごはんもお菓子も材料は全部目分量で作る。
それでもたいていちゃん食べられるものが完成するので、これからも秤は買わないな。

「愛のエプロン」や「噂の!東京マガジン」の「やってTRY!」に出てもそこそこイイ結果を残せるのではないかと思う。
まず出場機会に恵まれることはないだろうが。
a0034014_23473514.jpg今日もいつもの通り、フィーリングで調理する。
先にタマネギを薄切りにし、オリーブオイルでベーコンと一緒に炒める。
その後に1センチ角ぐらいに切った野菜も軽く炒める。
入れた野菜はトマト、じゃがいも、ピーマン、ホワイトしめじ、ゆで大豆、セロリ、かぼちゃ。かぼちゃは山梨のほうとうを意識した訳ではなく、ズッキーニを入れたかったのに売ってなかったから代わりに入れたのだ。

炒めたところに水を注ぎ、コンソメを入れる。
ハーブ岩塩と黒胡椒。ちょこっとだけニンニクパウダー。ちょこっと砂糖。
同時に別の鍋でクルン♪とした形のマカロニをゆでる。

別鍋でゆでたマカロニを合わせて味を整える。
最後にスモークチーズをのせた。

ちょっぴりタバスコをかけて食べてみる。
うん。うまい。

ミネストローネだ。多分。
ミネストローネじゃなかったとしてもとてもおいしい。
ブルーベリーのベ−グルと一緒に夕ご飯。

野菜の角切りが楽しくて、ついつい作り過ぎてしまった。
食べ切れなかった分はジップロックに入れて冷凍保存。

何日か後、
疲れて家に帰って、冷蔵庫を開け「何にもないな〜。材料買いに行くのめんどくさいな〜。」と思った時に冷凍庫の中から発見して、とっても嬉しい気持ちになるに違いない。

a0034014_23475271.jpg

[PR]
by yukiya-13 | 2005-08-22 23:49 | 家ごはん

全日本どろんこソフトバレー2005

待ちに待った全日本どろんこソフトバレー大会の日!
前日は雷雨に見舞われ、大雨、洪水警報まで出ていた。どうなることかと思いきや、一夜明けると、最高気温35.1度の真っ青な空。
a0034014_20595428.jpg
注目。東北地方の日本海側、山形県のあたりだけ雲がよけてるよ。
すごくない!?他の地域は大雨注意報とか出てるっていうのに。

予想外の暑さの中、一路山辺町を目指す。
山辺町は山形市から車で15〜20分ほどの所にある。

朝8:30開会式。

参加チームはなんと48チーム。
予選リーグを勝ち抜いた6チームだけが決勝リーグに進むことができる。
去年は予選ブロックを首位で突破し、決勝リーグに進むことができたのだが、今年はなんと予選から前年の優勝者と当たることになってしまった。
しかも、そのチームとは去年の決勝リーグで負けている相手なのだ。

雪辱を果たさねば!

・・・って一応書いてるけど、泥にまみれてバレーしたり、昼から気持ちよく飲んだくれるのを楽しむのがメインなので、そんなに熱くはなってないんですけども。

バレー経験者ぞろいの勝ちにこだわるチームから、コスプレに力を入れるチームまで様々でおもしろい。最近は勝つことよりも仮装の方がもりあがっているような。

今年はチャイナドレスを着ていた女性のチームが大人気だった。
スリットがめくれるたびにおこる歓声とシャッターの嵐。
そのチームは予選で敗退してしまったのだが、多くの男性陣がチャイナドレスチームの敗退を惜しんでいた。

私たちのチームは1回戦を順調に勝ち抜くも、2回戦で優勝候補に負けてしまい、予選リーグ突破はならなかった。
それでもみんな思う存分泥にまみれて楽しめたようだ。

「楽しめたようだ」というのも、今年はチームの若返りを図り、なるべくこれまで出たことのない人を中心にチームを構成したので、泥まみれになるのは若いコにおまかせ〜。と、こういう時だけ年長者のフリする。
イヤ、でもね、マジで、日焼けもするし、穴という穴に泥が入るし、爪も黒くなるし、コンタクトなんかしてた日にはもう。さらに何と言っても肌荒れ!泥パックになるんじゃない?なんてよく言われるのだが、肌の弱い人はもう、カサカサでゴワゴワでどうしようもなくなっちゃう。
それとオンナノコにはね、泥に入りたくても、入れない時もあるのですよ...。

そんな訳で、
みんなの写真撮ったり、お酒飲んだり過ごしてた。
青空の下で飲む冷たいチューハイっておいしいねぇ。

軽く酔っぱらって、日焼け止めの塗り直しを忘れるほど遊んでたら、今年一番の日焼けをしてしまったよ。背中と肩が、海に続いてまたまた真っ赤。

ホッント、学習しないなぁ、私。
でも、楽しかったからいいや。


a0034014_205020100.jpga0034014_20504122.jpg












a0034014_20505923.jpga0034014_20511890.jpg












a0034014_20512993.jpga0034014_2051427.jpg












a0034014_20515225.jpga0034014_2052354.jpg
[PR]
by yukiya-13 | 2005-08-21 20:56 | どろんこバレー