カテゴリ:こどもとわたし( 17 )

アンパンマンと握手!

先日JA共済主催の「アンパンマン交通安全キャラバン」に2歳の娘ちゃんと行って来ました。

http://jakyosaiyamagata.jp/social_contribution/003/index.html

午前11時・午後2時の二回公演だったのですが、午前中はやっぱり人気だったみたいで、チケットを申し込んだときにはすでに残りわずかでした。
だって、アンパンマン世代っこは午後からお昼寝だもんなー。

公式発表では午前中は約900人が集まった模様!
私の町でこんな規模のイベントはそうはないです。

アンパンマンパワー恐るべし!


開場は1時間前より。
待ち時間が長いと子供がぐずりそうだし、かといって遅くなってあんまり後ろなのもかわいそうだし…。
多くの親御さんがそんなことを考えつつ、時計とにらめっこしつつ家を出たのでは。

我が家は30分前着を目標に会場へ。
すでにたくさんの人が集まり始めていました。

体育館の前には大きなキャラクターの描かれたキャラバントラック!
入り口にはお出迎えのアンパンマン人形!
奇声をあげ猛然と走り出す娘ちゃん!

周囲を見ればキャラクターの衣服に身を包み興奮気味の子供たち!
子供の写真を撮りまくる大人たち!
ぬいぐるみやおもちゃなどのグッズを持参するファミリー!

子供を授かってからというものライブやイベントからは足がが遠のいていたのですが、
忘れてかけていたライブ会場、ファンたちのの熱い空気がそこにありました。
すごいぞ!アンパンマン!

むすめちゃんも入場前にパチリ。
なんだか初めての雰囲気にちょっと緊張し始めた様子。

a0034014_1365542.jpg


a0034014_1371452.jpg


入り口でオリジナルペンケースをもらい中へ。
前から3列目ほどのかなり良い場所に座ることができました。

ここから約20分。
会場は次第にお客さんが増え、娘ちゃんも状況がわからずドキドキ。私にしがみつきながら開園を待ちました。


お偉いさんの挨拶が終わり、黄色いニーハイのハイテンションなおねえさんが飛び出してきました。
おねえさんはいろんな注意事項を説明します。

「会場内でのぉ、ムービーの、撮影は禁止となっておりまぁす!」
幾度となく「ムービー」を強調しての撮影禁止アナウンス。

こ、これは!「静止画像ならまあいいけど、あえてOKとはいわないわ、わかるでしょう?大人たち!」
という日本人ならではの婉曲表現ですよね!?おねえさぁぁぁん!

そうこうしているうちにとうとう開演!
ちびっこたちがおねえさんの合図に合わせて叫びます。
「アンパンマーンっ!」
あれれ?声がちいさいぞっ!もっともっと元気出さなきゃ!なんてそそのかされて素直に応じる子供たちよ!
「アァァンパァァンマァァン!」

ついに娘の憧れのヒーローが目の前に!
キャー!とか言うかと思いきや、ガン見で動きませんでした。笑

歌やダンス、アンパンマンVSバイキンマンのやりとりを交えて交通ルールを教えてくれる憧れの仲間たち。
娘も集中して見ています。

そしてお約束、アンパンマンのピンチには正義のちびっこのアンパンマンコール!

a0034014_1385620.jpg
なに、この、一体感!

盛りだくさんの内容を堪能、最後にはなんと握手会まで!
出演のヒーローたち全員と握手できるのです。
行列に並んで大きな手と握手。

どこの家族もなんとか愛息、愛娘とヒーローとのショットを!とカメラを構え頑張るのですが、
無常なスタッフに「止まらないでー流れてー!子供さんは手を出して準備して列から遅れないようにー!」と
ベルトコンベアーのように後ろから優しく前進を促されます。

もうちょっと顔を見て心を込めて握手したいぜ!と母は思いました。
アイドルの握手会の気持ちってこんな感じかしら!

a0034014_140912.jpg
キ、キター!

帰りの車、少々疲れた様子の娘ちゃん。
公演中も終始真剣な顔だったので、「つまんなかったかな?」と心配したのですが
「アンパンマンどうだった?」と聞いてみると、噛みしめるように「アンパンマン楽しかったねえ!」「お手てぎゅーしたもんねえ!」と嬉しそうだったので何よりでした。

山形ではこれからあと2公演あるみたいなのでお近くの方はぜひ?
無料ですよ~。(JAでチケットを取る必要があります)
[PR]
by yukiya-13 | 2013-06-06 01:42 | こどもとわたし

インプット アウトプット

最近の娘ちゃんはますます言葉が達者になって、ほぼ言葉でコミュニケーションとれるようになりました。
例えば、転んで足が痛ければ泣いて叫んで訴えるのではなくて、
「ころんじゃた。あし、いたいの…」という風に…。

4月で2歳を迎える娘ちゃん、子供の成長は日進月歩!
目に見えてできることが増えていく様に刺激を受ける毎日です。

最近のブームは自作の歌を歌うこと!
周囲の大人に教えられるわらべ歌やTVやDVDで聴く歌、おもちゃから流れてくる歌、それを繰り返しマネしていたのですが、
歌の合間に合いの手を入れたり、ちょっと歌詞をアレンジしたりしだしていました。
歌詞に登場する単語の意味が少しずつ分かってきてたんだろうな。

そして、とうとう作詞、作曲の歌が!

「あ~まくってぇさっくさくー!つめたくってぇーさっくさくー!」
「かれー、かれーおいしいねぇぇぇ!りゃーめん、りゃーめんんんんん!ハイ!どぉじょ!」
だそうです。

もちろん、これまで通り既成曲も歌うのですが、自作が登場したことに進歩の発見!
内容がどうも食べることばっかりな感じなのがアレなんですけど、家庭環境上仕方ないかもしれません。笑

生まれてから、泣く、飲むしかしない赤子に向かって、大人がやぁやぁと声をかけまくってきた成果がまさに花開いてる感じ。
リアクションなんかなくたって、ベロベロばあ!笑ったように見えた!とヤイノヤイノやってきて、今、
ぶわわわわぁ~と成長を見せつけてくれる娘ちゃん。
子育てって全部楽しい!なんて言えないですが、打てば響く!この感じがあるから頑張れるのかもしれません。


無反応→リアクション→あうあう言い出す→大人のマネ→記憶して自発的に発語、歌う→歌う、踊る→アレンジしだす→自作しだす!(イマココ)


アウトプットするためにはインプットが重要だ、
いろんな知識や情報、教養を入れ続けないと、空っぽからなにか生まれ出るなんてことは絶対ないよ、
と大人になってからずいぶん言われた気がするけれど、
すぐに成果が目に見えないものに水をやり続けるのってなかなか大変な作業。

良い木を育てるために土づくりから!なんてわかっていても。

目に見える成果、数字の結果が素早く求められる環境で仕事をしたりしていると、
「私、20年後にものすごい会社に貢献することになると思います!」とか言えないです。芽が出る保証もないし。
もうすでに実を結ぶ木をがんばって育てて、収穫することに一所懸命になります。当たり前です。
もちろんおいしい実になるように、ある程度即効性のある肥料を考えたり加工方法を工夫したりします。


6年前に、そういうスピードの世界に身を置く生活から離れました。
結婚して自営業のお嫁ちゃんになり、娘ちゃんが誕生しました。
全てが娘ちゃんを中心に回る生活、会社で仕事をしていた時とはまた違う囚われの身です。

私、これから一生「母」なんだわ、ずっと同じ毎日繰り返すんだわ、と呆然としたこともありますが、
著しい成長をみせつける娘ちゃんを見てて、繰り返し、繰り返しのどんな経験もきっと無駄にならない、っていう気持ちを久々に
思い出しました。刺激をインプットし続ける大切さも。

アラフォーレディはなかなかパッと効果が出現しないかもですが、まだ見ぬ実りを信じて、
興味惹かれることはせっせとインプット作業心がけたいな、と思います。

やりたいこと、やってみたいことはいろいろあるんだ。
まだまだ娘ちゃん第一だけども、いつかやれる日が来るようにあれこれ蓄積させておきたいと思います。

a0034014_22441833.jpg

人生初美容室でカットしてもらった娘ちゃん。
[PR]
by yukiya-13 | 2013-02-27 22:46 | こどもとわたし

子育て支援センターって悪くないところよ

毎日のように子育て支援センターに通うようになって8か月が過ぎた。
始めのころは娘ちゃんのお昼寝のタイミングが午前中だったので、午後から遊びに行っていました。
午後のセンターはほとんど一人…。
母娘二人で広いスペースのはじっこでポツンと遊ぶ日々がしばらくありました。

1か月も過ぎたころ、娘ちゃんのお昼寝は昼食後になり、とうとう午前中のセンターデビュー!
さすがに午前中はにぎやか。
都会でいうところの公園デビューってこんな感じ?
ちょっとドキドキしながら遊びに行きました。

知らないママたちの中に入っていくのはけっこう緊張。

私以外のみんなが顔見知りなんじゃないかとか、

「新入りきたな」と観察されてるんじゃないかとか、

他の子供さんにうちの子が手を挙げたりしないだろうかとか、

他のママはみんなきっと若いんだろうなとか…。

他のママは育児だけでなくファッションもお化粧も手を抜かない完ぺきなように思えて、「育児」という免罪符にかまけて手抜きっぱなしの自分がダメ母なようにも思えた。
場に慣れているように見えたママたちがうらやましく感じたし、早く私もああなりたいっていう焦りみたいなものもちょっとあった気もします。

しかし、そんなお母ちゃんの気持ちなど知る由もなく、娘ちゃんは人見知りせずにガンガン遊ぶ!
そんな様子を見るうち「ママ友とやらはまずいいや!娘ちゃんが楽しそうだし!」と吹っ切れた。
とにかく娘ちゃんと楽しく過ごそう!とだけ決めて、気負いがなくなってみると色眼鏡の視界がクリアになりました。
仲よさそうにしゃべってるママ同士の会話も、よく聞いてみれば敬語どうしの初めましてな感じだったりするし、
どのママさんも自分の子供の行動を追うのに忙しくて、そんなに周りにかまってないみたい。
たぶん、ファッションチェックもお化粧チェックもそんなにしてないと思う!笑

勝手にしてた「ママ友」とはこうあらん!という妄想が消え去ったらずいぶん楽になりました。
☆ちなみに「ママ友」たる者!という妄想は、リーダーママ指揮のもと、プライベートでもがっちりつるむ、
リーダーのご機嫌損ねたら大変!みたいな!笑


実際のところリーダーとかいないし、センター以外で特別に会ったりする人もいない。
ゆくゆくもっと仲良くなってプライベートでも遊べたりしてもいいな、とは思うけども。
「ママ友とやらを作らなきゃ!」っていう気持ちありきっていうのは違うかなって思うようになりました。


自分に少し余裕ができてからは挨拶も目を見てできるようになったし、何度か会った人には声もかけられるようになった。
そのうちよく会う子供の名前も覚えて、子供に呼びかけたりできるようになって、うちの娘ちゃんもたくさんのママさんたちに覚えてもらえるようになった。

初めて娘の名前を呼びかけてくれて「また会ったね~」と言ってくれたママさん、今ではお互いの子供の様子を見ながらヘラヘラと雑談できるほど余裕が出たけど、あの時はホントに嬉しかった!
嬉しかったから、ほかの人にもやってみようって思ったきっかけ。
同級生や母校の先輩、後輩とも再会できたし、意外と同世代も多くて嬉しかった。


もうすぐ我が家は家庭の事情で4月まで蔵王暮らし。
せっかく打ち解けたみんなともしばらくお別れ。
春から保育園に入る子もいて、雪が解けたらもう会えない子もいるかも。

残念だけどまあ仕方ないか…
一期一会、春になったらまた楽しもう、と割り切っていた最近、たまに会う仲の良いママさんから「蔵王行っちゃう前にメール教えてもらえますか」とのお申し出。

初めて届いたメールには
「私たち親子、支援センターにはめったにお邪魔しなかったけど、由紀さんにはいつも声かけてもらってありがとうございました♪」
って書いてあってちょっとグッとくるくらい嬉しかった。
それと「春になったらまた遊んでね」って。

通ってみて良かったなー。
こういうところ苦手で避けてるママもいると思うけど、悪いとこじゃないよ。
悪いとこじゃないよ、って思えるには、センター先輩ママたち、常連の私が出す空気もあると思うから、常連ぶらず、気取らず、自然に、挨拶したり、話しかけたり、ユル~っとした空気でいたいな、と思いました。
かつて私に声をかけてくれたママさんのように。

さて、今年はあと何回行けるかなー。

a0034014_17275823.jpg

親娘ふたりぼっちだったあの頃(まだハイハイだなー)
[PR]
by yukiya-13 | 2012-12-04 17:30 | こどもとわたし

娘ちゃんと秋

少し前までげんなりするほどの暑さだったというのに、今はもうこたつが死ぬほど恋しいです。
あんなにがんばってくれた扇風機も恨めしく思えて、とりあえず目のつかぬ場所に隠しました。
(ホントはちゃんとしまいたいけどヒーター出さないと入らないという狭小収納のため)
ヒーター出すにはまだちと早い気もするしなあ。

とりあえず急いで娘ちゃんの服を夏→冬へと入れ替えました。
冬服は一枚一枚が厚いので衣装入れがパンパンです。

さて、東北の短い秋がやってきましたね。
っていうか足先の冷え感とかもうすでに冬間近感満載なのですが、それでも日中は日差しがあるとまあまあ気持ち良いです。
そんな気持ちの良い秋をいろいろと満喫しております。もう少し、この季節が続いてもいいのになあ。
今のうちに他のしんで12月からの山籠もりに備えます。
考えるだけで寒いです。
が、実際は蔵王の住まいは全館暖房なのでそっちの方が暖かい。
イメージだな。樹氷と吹雪の。


石拾いブームはまだまだ続いています
[PR]
by yukiya-13 | 2012-10-17 22:43 | こどもとわたし

10月13日 お散歩

天気が良かったんでおなじみの安久津の歴史公園にお散歩に行ってきました。
冬まで短いから、雪が降る前にいっぱい外で遊んでおきたいです。
おやつ持参でお昼まで動きまくってきました。
天気が良かったので芋煮会してる人たちもいました。

a0034014_23453778.jpg

おやつを食べて散歩します!
a0034014_2346367.jpg

てくてくてくてく
a0034014_23461891.jpg

つーかれーたー
[PR]
by yukiya-13 | 2012-10-13 23:48 | こどもとわたし

10月10日 たかはたこども園

今日は近くの認定こども園で特別講座。幼児体育の先生が来るというので参加してきました。
もしかしたらいずれ入園するかもしれない園。
中に入ると、いつも遊んでいるプラザよりももっともっと大きなホール!
わあ!と言いながら様子を確かめるように走り回っていました。

体を使った遊び、運動を教えてもらいながら親子で走る!跳ぶ!
もっと写真撮りたかったけど親側もまあまあハードで結局全然撮影できず。
久々に汗かきました。

娘ちゃんは、子供の足をつかんで逆さまにして、そっとでんぐりがえしみたいにするやつがすごく気に入っていました。
逆さまにすると本能で危機を察知して手が出る(逆立ち状態になる)ようになるそうです。
小さいうちにこの感覚と恐怖心を覚えないと、怖い→手を出してつかむ、手で支えるっていう一連の動きができなくて鉄棒とかを習う年齢になった時に怖いと手を離して頭から落ちちゃう子がいるらしい。

なるほどーとか思いながら逆さま体操。
まだまだ娘ちゃんは恐怖っていうか、きゃっきゃきゃっきゃ楽しんでましたけども。

a0034014_2342271.jpg

ひろーい
[PR]
by yukiya-13 | 2012-10-10 23:40 | こどもとわたし

10月5日 芋煮会

ほぼ毎日遊びに行っている町の子育て支援センタ-主催の芋煮会へ。
近くの安久津八幡宮周辺の歴史公園を散策し、みんなで芋煮会です。
山形ではたいてい大きな公園や川原には芋煮会対応できるように水場や煮炊き場が整備されており、
ここもちゃんと東屋に炊事場が完備。
隣にはアスレチック公園、周囲は芝生の広大な広場、鴨やあひるの泳ぐ池、縄文時代の住居を再現したもの、安久津八幡神社、三重塔、道路向かいには道の駅、とのんびりアウトドアにはもってこいの場所です。

みんなで集合しお昼まで周辺を散策。
どんぐりが落ちていたり、小道脇の小川にはザリガニがいたり、子供にはたまらないフィールド。
大人ものんびりと子供のペースに合わせてお散歩します。

さて、芋煮会といえば、お昼に合わせて煮炊きするのもそのイベントの大きな要素なのですが、みんな子供連れだしどうやってやるのかな、ってちょっと思っていたんですけども。

散歩が終わるとなんとそこには完成した鍋が!

おお、なんて楽ちんなの!煮炊きしなくていいの?

「調理しなくていいんですねー!」って先生と話したら「たまにはお母さんも楽しないとね!」って言われて
ものすごくうれしかった!

お散歩が終わるころ雲行きが怪しくなり、考古学博物館内に移動。
そしたらバケツをひっくり返したような大雨!
先生方の適切な判断で誰も濡れることなく済みました。
芋煮は館内のホールで食べることに。
食べ終わる頃には雨も上がって帰りも濡れることはなく。ホントにタイミング良かったです。
作って食べるのも楽しいけど、これも楽ちんで楽しかった!
娘ちゃんもいただいた芋煮+おにぎり2個、りんご、梨をモリモリと食べておりました。

a0034014_2361857.jpg

とうたんへのおみやげにどんぐりやら小石やら拾います。

a0034014_238026.jpg

てとてとてと

a0034014_238345.jpg

ぐわっぐわっ

a0034014_239040.jpg

芋煮をもりもり食べます


[PR]
by yukiya-13 | 2012-10-05 23:11 | こどもとわたし

10月3日 子育て支援センターの運動会ごっこ

未就学児の施設の運動会に参加してきました。
1~3歳くらいのチビ子ばかりなので、玉入れもかけっこもボールリレーもなんとなくでしたが、みんな元気に外の芝生で走り回りました。
うちの娘ちゃんもヤイヤイ走るかと思いきや、大きいお友達の勢いに押され気味で呆然と立ち尽くすこと多し。
それでも最後に賞状とメダル、エビせんなどいただくとなんだか満足気でありました。

a0034014_22454482.jpg
a0034014_22451835.jpg

[PR]
by yukiya-13 | 2012-10-03 22:44 | こどもとわたし

ヘルペスガール!

娘ちゃんの口角にニキビのようなできものが。
歯磨きも嫌がるし、時折食べ物が口にしみているようなそぶり。
ご機嫌もちょっとよくない。
週末で病院が休みになると厄介なのでその前にと思い行ってきました。

問診票を記入し、身長、体重などはかり先生の前へ。
ここ数日の様子の問診、口内の診察。

痛い口を触られ、娘ちゃんギャン泣き&大抵抗!
ヘラで口を押えて診ていた先生もゴム手をはめて直接指でこじ開ける。
小児科医VSギャン泣き幼児の仁義なき戦い!

先生は「うーん」と唸って「ヘルペスか手足口病だと思うんだけど…」と。
「手足口病にしては手足も体もキレイだしなあ。でも幼児の初めてのヘルペスはこんなに軽くないはずなんだけどなあ。まあでもたぶんヘルペスなんだよなあ。」ってお医者さん困惑。

ヘルペスの場合たいていは高熱がギュン!と出て、口のただれがひどくて水もろくに飲めなくなって、1歳くらいだと入院して点滴なんてこともあるらしいのだが。

うちの娘ちゃんは熱もなく、時折、口に入れた食べ物がしみるようでヒーンと泣いてはイタタタタ…って感じで涙目で吐き出すことがあるものの、食べたい気持ちが勝つようで、それを拾って根性でもう一回口に入れて食べる!
さらにおかわりの要求!
泣きながら「ちょうだい!」「もっと!」とすがる姿は、可哀そうでもあり、ちょっと笑えてきたり。
そこまでして食べたいか!笑
ホント、誰に似たのかしら!

痛みを食べたい気持ちで押し切って、口角にでっかいできものこさえながら今日もモリモリと三食&おやつを食べております。

おかげで体力が落ちることもなく順調に回復中。
丈夫な子でホント良かったです。笑
[PR]
by yukiya-13 | 2012-09-22 23:25 | こどもとわたし

娘ちゃんとゴールデンウィーク

みんなが休みの時に忙しい客商売、
バタバタとあっという間に過ぎた連休でしたが、暇を見つけて桜を眺めたり、赤ちゃん手形を取りに行ったりと楽しめました。

4/28
お隣南陽市の烏帽子山公園へお花見お散歩。
暑いくらいの天気。
この後連休後半の荒天で一気に散ってしまったから見に行けてホントによかった!
帰りに外食第二弾「かっぱ寿司」。
納豆巻きを分解して食べさせました。あとはうどんと卵焼き少々。レトルトの離乳食も。
くるくるとお皿が回るのが楽しいらしく、じーっと眺めてました。
a0034014_0185199.jpg



5/2
考古資料館で赤ちゃん手形を取りに。
丸い粘土にギュムーっと手形を押し付けてきました。
焼き上がりが楽しみです。
地元なのに初めて行った考古資料館。なかなか楽しい施設でした。

たまに矢じり制作とか勾玉作りなども行っているのですが、小学生の子供が対象だったりして残念。
35歳の大人も参加したい…。


あと、4月から町の子育て支援センターに登録して、時間がある時に遊びに行っています。
広い遊び場におもちゃや絵本がいっぱい。
先生もいるし、保健婦さんの相談日などもあります。
テレビで見る「公園デビュー事情」や「ママ友イジメ」なんかをちょっと考えてドキドキしていったのですが、全然そういう感じはなかったです。笑

というか、行く時間がどうもほかの子とずれてるみたいで、いつもほぼ貸切状態で親子二人広いホールで遊んでいます。
始めは緊張感のあった娘ちゃんですが、すぐに慣れて奇声を上げつつあちこち遊びまわります。
お気に入りはアンパンマンのおもちゃとボール。
ポイ!ポイ!と叫びながら、お母ちゃんが拾うのくたびれるほどボールぶちまけてくれます。
私の方がいい運動になってるような…
a0034014_0302746.jpg
a0034014_0305194.jpg


最近、娘ちゃんは卒乳をいたしまして、日中の運動と相まっておっぱいなしでも非常にぐっすりと寝ついてくれるようになりました。
嬉しいような、寂しいような。
そして、授乳中よりもますますガッツリとごはん食べるようになりました。
まだ食べるんかい!と思うほどの食欲!
食器が空になるとテーブルを叩いて猛烈に怒り、叫び、泣く…。
食が旺盛で何よりですが、誰に似たのか…(二人にか…
a0034014_0403485.jpg

[PR]
by yukiya-13 | 2012-05-09 00:41 | こどもとわたし