<< 銀のエンゼル1枚と交換 ナショナルから大切なお知らせとお願い >>

ドリンクテーリング

a0034014_027817.jpg
山形市の歓楽街七日町のドリンクテーリングに初参加。
この催しは、前売3000円のチケットで加盟店5軒をハシゴできるというとっても素敵な企画。
ABCD4つにわけられたブロックから1店づつと指定店1店を回ることができる。
ワクワクしながら会場へ。
当日は生憎の雨。前売券を購入していなかったが、そんなに混み合うこともなかろうと余裕で受付会場へ向かう。






!!!
な、並んでる!
a0034014_0275466.jpga0034014_0283778.jpg












山形市で人ごみに出会えるのは花笠まつりと植木市だけかと思っていたのだが、テーリングもなかなかやるなあ。チケットがなくなるという事態だけは避けたかったので急いで当日券を買い求める。
なんとかゲット。当日券は3500円。それでも1軒700円で飲食できるのだ。
早さを競う大会ではないのだが、せっかくなので制限時間までに5軒全部回りたい。マップとお店のメニューが書かれた紙を手がかりに80店以上の加盟店からお店をチョイスしながら七日町を闊歩。同じようにマップ片手にうろうろする人たちとすれ違う。
楽しい!

なかなか1軒目を決められないのでとりあえずは指定店の「スペース天」というお店へ。
ビルの3階にある隠れ家的なオシャレダイニング。今日がなかったら絶対知り得なかった場所。
ここではシャンパンとガーリックトーストをいただく。
シャンパンでスタートとはなんともオシャレではないか。
初参加で1軒目でなので緊張しながら来店したのだと伝えると、店長も初参加なので緊張しています、とのこと。お店はできたばかりだそうでとてもキレイで、店長はじめスタッフも感じのいい人であった。
オシャレデートにでも使えばよいと思う。
緊張をシャンパンのほろ酔いで解いて、次のお店へと向かう。
a0034014_0304765.jpga0034014_031214.jpg













2軒目は「居酒屋あし野」というお店。
ここではおでんと焼酎をいただく。家庭的な雰囲気。煮物とか焼き魚とかおいしいんだろうなあ。生憎の雨と肌寒さはかえって温かい汁物をおいしくしてくれたように思う。
さらにイイ気分になり次の店へ。
a0034014_0314885.jpga0034014_032356.jpg













3軒目は「かや」という韓国料理店へ。
ここではサンギョプサルという豚バラの焼肉とキムチ。どうぞとは言われていないのだが、ついた席にすでにキムチが山盛りでおいてあったので、勝手にセルフキムチと判断し食べる。注意されなかったから多分合ってた。
キムチで口をなぐさめ待っていると香ばしい香りの豚バラが運ばれて来た。辛味噌をつけながら食べる。旨い。お酒に合う!合う!きっと白いご飯にもピッタリだと思う。
ペロリと平らげいざ次へ。
あちこち歩き回るせいかほろ酔いも最高潮。
小雨が降っていたのだが、もはや傘を開くのがめんどうになりそのまま歩く。
a0034014_0324860.jpga0034014_033971.jpg













4軒目は「きんぎょ」という居酒屋。
なんだかノスタルジックな店構え。どんなものかもわからず「金魚カクテル」を注文。運ばれて来たのは焼酎に大葉、鷹の爪が入ったもの。濃い!
でも見た目がほんとに水槽のなかの金魚みたいでかわいい。緑と赤のコントラスト、曇るガラスが良い雰囲気。
でも濃い!
浅漬けと魚卵の煮物をツマミにちびちび。
酔う!
a0034014_033479.jpga0034014_034297.jpg













ラストはゴール目の前のグランドホテル内の「三十三間堂」へ。
牛スジの煮込みをひとりづつ小鍋でグツグツと。煮込み大好きの私にはたまらんおいしさ。ハッフハッフしながらチュウハイでいただく。
あ〜満足。
a0034014_0344264.jpga0034014_035454.jpg













すべてのお店をクリアして、ゴール地点へ。
ここで抽選会に参加し全ての行程終了。
ほろ酔いの大人たちが列をなしてクジを引く。なんといってもイイ気分で酔って、さらに銀山温泉が当るのだから並びますわな。ドキドキ順番を待っていると、少し前に並んでいた人のところでカラン!カラン!と当選の鐘。

えー。テンション下がる〜。後はハズレだけかよう!

それでもクジを引き、参加賞的なものをいただく。
銀山温泉は当らなかったが十分楽しめた。

ちょっとづついろいろ楽しみたい!という欲求が満たされて満足。
食べながら次の店をあれこれと考える時間もまた楽しいし。
行きたい!と思ってお店に向かっても、同じテーリング族で満員だったりして、そこでまた次の手を考えるのも楽しい。
普通にまた行ってみたいお店もできたし、テーリングできなかった他の店にも興味津々。

来年もぜひとも参加したい。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-09-25 00:40 | 近出&ごはん
<< 銀のエンゼル1枚と交換 ナショナルから大切なお知らせとお願い >>