<< 酒田の旅2 気になるもの >>

酒田の旅1

雪が溶けると外に出たくなる。
まあ、冬期間もスキーしに出かけたりしているのだが、真っ白だった風景の中に草や花の色味が見えてくるとなんとなく気持ちも明るくなってくる。なにしろ寒くないし。お出かけ気分のテンションも上がる。

a0034014_22391130.jpgフラッと1泊くらいで行けるところに行きたいな、と思い県内の海側、酒田市&秋田県象潟(にかほ市)にお出かけしてきた。
酒田市は小学校の修学旅行で訪れた街。観光案内パンフなどを見ていると、ちょっとづつ記憶がよみがえる。

月曜日の仕事終わりに出発し、酒田に向かう。
ラッシュ時間を外したので早い、早い!予定時間よりもだいぶはやくチェックインすることができた。
宿泊地は有名な山居倉庫のすぐ近く。
酒田市は見所と繁華街が一つにぎゅっと凝縮されている町で、宿泊地を市の中心にすれば、徒歩やレンタサイクルであちこち見て回れそうな感じ。

夜の山居倉庫と川を眺め、飲食店の集まる中町という所へ向かう。早く着いて時間もあったので町並みを眺めながらブラブラと散歩。酒田まつりのシンボルの巨大な獅子舞が飾ってあったり。お祭りの期間はきっとにぎやかなのだろうが、今回は平日の夜だからなのかほとんどのお店のシャッターは下りてしまっているし、人通りも少なかった。
時折人の気配を感じてそちらに目をやると、それは等身大のブロンズだったりしてちょっと怖い。
あとは酒田の商店街から生まれたアイドルグループのSHIPの写真やらキャラクターやらののぼりやシャッター。もうすっかりその存在を忘れていたよ。
いつの間にか人数が減っているじゃないの。

あと、酒田の中心街の案内には必ずと言っていいほど「パイレーツビル」がランドマークとして描かれている。それほどに有名なビルなのだろうか。
外観だけ見にいくと「パイレーツ=海賊」よりも「パイレーツ=だっちゅーの!」って感じのお店のラインナップだった。酒田の地図には、文化施設と並んでこのビルと清水屋だけは不可欠のようだ。

いい加減おなかもすいたのでお店に入る。
お店は「響や」という焼酎中心の居酒屋さん。
海の近くということもあってオススメにはおいしそうな海の幸のメニューが並ぶ。酒田の焼酎爽金龍と共にモリモリ、ゴクゴクと。魚はもちろん豚肉もおいしい。
a0034014_22433921.jpga0034014_22434847.jpga0034014_22435718.jpg







a0034014_2244519.jpga0034014_224414100.jpg









ビバ庄内!ビバ酒田!ビバ金龍!

地元が内陸なので、新鮮な海の幸がたべられるのはたまらん幸せ。
1軒目でけっこう飲んだのだがせっかくなのでもう1軒。

2軒目のバーのオニーサンは気さくな方でいろいろと地元の話をしてくれた。
庄内弁「もっけだの~」についてニュアンスとか「もっけ」の使用法などを聞く。
山形は県内でもけっこうなまりが違うのでとてもおもしろい。

かなりいい気分で酔っ払い、コンビニで買い物をしてホテルに戻る。

明日は朝から海鮮を食べに出かけるぞー!!
[PR]
by yukiya-13 | 2006-05-14 22:50 | 遠出&ごはん
<< 酒田の旅2 気になるもの >>