<< ドキ!女だらけのひなまつり 鬼首(赤鬼) >>

鬼首(青鬼)

鬼首(赤鬼)から先にどうぞ。


■起床・朝風呂・歯磨き・イナバウア−
翌朝5時に起床し、ペンションの温泉へ。気持ちいいけどやっぱり温泉は湯だけじゃなくて風情も大事だねえ。水色の浴そうではイマイチありがたみに欠ける。

髪を乾かしつつ歯磨き。6時過ぎ、みんなきちんと起きてくる。
真面目!!っていうか、やっぱ年!?
a0034014_16273328.jpg
朝のニュースを見て、荒川選手のイナバウア−の話題が持ち上がる。同部屋の後輩が「イナバウア−やって!!」と朝っぱらからリクエスト。
ただでさえ無理なのにしかも起き抜けになんて。柔軟体操の時間をくれ、と言いつつもやってみる。
あ〜無理、無理。
反ると胸とのどが苦しいとみんな言うが、反るというより背筋を折り曲げるイメージなんだよ。それを腹筋と腿の前の筋肉で支えるような感じ。
新体操をやっていたのでなんとなく感覚はわかるのだが、できるわけはない。
しかもスケート靴ですよ。世界一はすごいのですよ。
バンクーバーはあきらめよう。

全員集合し、朝食を取る。パンが食べ放題。このパンがあったかくて、ほわほわでおいしい。起きたばっかりで食欲ないんだよね、なんて言っていたのはウソだったみたいで。おかわりしてモリモリ食べる。

朝食後本日のスキーへ。天気予報が雨だったので滑れるだけ滑ろうと。
お昼近くまで滑るとけっこう本格的に降ってきてしまった。私は早めに切り上げてレストランで待機。本降りの中でも滑りたい!!というメンバーだけが続けることに。
戻って来たメンバーを見ると、もうインナーまで水が染み込んでしまっている。
行かなくて良かった。
というか、会社の仲間とエンジョイスキー!という旅行のはずなのに、この本気度はなんだろう。早寝早起き、快眠快食。やっぱ、トリノ効果?
いいかげんもう無理だろ、というところまで滑って帰る準備。
身体は冷えきっていたので、温泉につかって帰ることに。

■鳴子・早稲田桟敷湯
本当はかんけつ泉を見学して帰る予定だったのだが、あまりの本降りの雨に断念。
みんな早く温泉につかりたかったのだ。
向かったのは、「鳴子・早稲田桟敷湯」という変な名前の温泉。なんでも早大生がボーリング実習で掘り当てた温泉だとか。
到着すると、温泉街の風情に一切まっちしないまっ黄色の奇妙な建物が。
入り口がわからない。155センチ以下の人しか立っていられないような屋根のあるベンチスペースで雨をしのぎ入り口をさがす。ホントにわかりにくい。しかも入り口までの通路は屋根があるようなないような感じで雨垂れがかかって、ちょっとむかつく。
中に入ると、床暖房が効いていて足の裏がほかほか。いらついた気持ちがちょっとほぐれる。
男女に分かれ温泉へ。
脱衣所もこれまたどこにトイレ?どこに浴槽への扉が?とわかりにくい。
浴槽は3つに区分けされ、それぞれに木のといが伸びていて、そこからお湯が流れてくるようにつくられていた。
洗い場には無駄に長い鏡。
うーん。モダニズム?芸術家?のセンセイが考えたんだろうか、多分、偉い建築家が設計したんだろうけど、そういうのって使いにくいよね。慣れればそうでもないんだろうけど。
完成当時は美しかったであろう、高い天井までつづくコンクリ打ちっぱなしの壁は水分と温泉成分で黒く液ダレしたような跡があり、外観も雨の流れたあとが黄色地に黒くスジが入ってしまって、ちょっと汚らしい感じに仕上がっていた。

でも温泉は気持ち良かったよ。ってとってつけたように。
いや、でも本当に。
硫黄の匂いがして、湯の花がかきたま汁のようにふわふわと浮いている、これぞ温泉!って感じのお湯だった。オニコウベのペンションは匂いもないお湯だったので、こんなに近くでも全く泉質の違うお湯が出るのだな、とちょっと感心。

■たまごばかり買う女
おもしろ温泉で身体を温め、一路山形へ。
運転手には悪いが、心地よい疲労感と温泉効果で眠い、眠い。
高速は濃霧でさらに運転も辛かろう。さすがに申し訳なく思い気力で起きていた。
途中のパーキングエリアで休憩とお買い物。
a0034014_16294497.jpga0034014_16295832.jpg








温泉タマゴを買う。私は温泉タマゴが大好きなのだ。1人で10個は多いな、と思って眺めていたら、後輩にも温泉タマゴ好きがおり、二人で1パック購入。
さらにうろうろとお土産をながめていると、ここは宮城なのに、岩手銘菓「かもめのたまご」が。かもめのたまごもうまいよね。しかも季節限定いちご味。思わず購入。岩手のお菓子を宮城で買うなんてねえ、東北の配置もわからないくらい遠くの九州とか四国の方ならまだしも、私はお隣、山形人。それってどうなのかと思ったが、どうせ自分で食べるのだから構いやしない。
というわけで、なぜかたまごばかりをお土産に購入し山形へ。
a0034014_16303656.jpg
疲れたけど、とても充実の2日間であった。
夕ご飯に食べた温泉タマゴは、黄身ちょっと固め。とてもおいしかった。
デザートのかもめのたまご(いちご)もとてもおいしかった。

今回の合宿での成果を、夏のどろんこバレーに活かしていきたいと思う。
そう、どろんこバレー部の合宿だったんですよ、今回。
[PR]
by yukiya-13 | 2006-03-04 16:33 | 遠出&ごはん
<< ドキ!女だらけのひなまつり 鬼首(赤鬼) >>